【テントのメンテナンス】「防水液」を塗って撥水性を復活させる!

備忘録
スポンサーリンク

前回の「シームテープ貼り替え」に引き続き、今回もテントメンテナンスのお話

シームテープの交換で、”縫い目”の防水対策ができたので、今回はフライシートやグランドシート部分に「防水液」を塗って、撥水性を復活させるメンテナンスを行います!

シームテープの貼り替えと違い、こちらはシーズンごとに定期的に行うメンテナンスとなります!

この記事では、個人的にオススメの「防水液」や準備する物、作業手順などをご紹介します。

テントの「シームテープ貼り替え」はこちら↓

テントのシームテープ(シーリングテープ)を貼り替える!準備と方法!
今回は長年使用してきたテントのメンテナンスのお話!7年間、登山やバックパックキャンプなどで...

準備する物

まずは今回の作業に必要な物を準備!上記の画像が使用した物一覧です!

  • テント・タープ(今回は山岳用のダブルウォールテント)
  • 「防水液」:TEMPO パラウェット 強力防水液
  • 刷毛&バケツ

それぞれご紹介します!

テント

今回は長年愛用している、ポリエステル製の山岳テントに「防水液」を塗ります!

ブログ主が愛用している山岳テントは「プロモンテVL25」

このテントは、自立式の軽量ダブルウォールテント!登山でのテント泊で定番テントですね。

縫い目、生地などの補修をし、定期的にメンテナンスしながら7年間も愛用してきました!

現行モデルはこちら↓

おすすめ防水液:TEMPO パラウエット

個人的におすすめの防水液は「TEMPO パラウエット テント用協力防水液」です!

実は以前は他メーカーの防水液を使用していました。

撥水性はしっかり復活したのですが、乾燥後に”溶液の白い痕”が残ってしまって少し残念な気持ちになりました。ブログ主の塗り方が下手だったのかも。

そこで登山用品店でご相談したところ、こちらの防水液をオススメしていただきました!

他のメーカーは”乳白色のねっとりした”防水液が多いですが、TEMPOパラウエットは「無色透明で非常にサラサラした」防水液です!!

テントに塗る際も、スーッと伸びてくれて全体に溶液を”薄塗り”しやすいのが特徴!

乾燥後も塗り痕が残らず、しかも揮発性が非常に高い!もちろん撥水性もしっかり復活します!!

また”フッ素系”の防水液なので、比較的「通気性がよく保たれる”防水液」でもあります!!

ブログ主はそれ以降、ずっとこの「TEMP パラウエット」を常用して、定期的にテントのメンテナンスを行っています!!

他に評判がいい「防水液」では、”ホワイトベア”なども定番ですね!

刷毛とバケツ

防水液は、”刷毛”で塗ることをオススメします!

パラウエットはサラッとした溶液なので、刷毛での作業と相性◎!

一応、パラウエットの”フタ”は液体を入れる容器としても使用できますが小さいので、今回はバケツを準備しました!

ペンキ塗り作業などに使用される、”持ち手付きの小さなバケツ”がオススメです!

テントに「防水液」を塗る!

それでは実際に「防水液」を塗っていきましょう!ザックリした手順はこちら

防水液を塗る手順
  • STEP1
    テントを設営する!
    • 自立式テント:ペグダウンは必要なし
    • 非自立式テント:ペグダウン!
  • STEP2
    防水液を塗る!
    • フライシート
    • インナーテントのボトム部分(グランドシート・バスタブ)
  • STEP3
    しっかり乾燥させる!
  • STEP4
    完成!撥水性の確認!

という手順になります!

まずは「防水液」の説明・注意事項をしっかりと読みましょう!

「防水液」は石油系の溶液なので、直接手に触れたり、皮膚に触れると炎症の原因にもなります。保護のため、マスクや手袋などを用意してください。

ですが今回は”刷毛”を使って塗るので、溶液が皮膚に触れることはありませんでした!念のため、マスクは着用。

また、作業する”場所”についてですが、「必ず屋外で使用して下さい」!!

今回は自宅での作業でしたが、キャンプ場などで作業される方も多いと思います。

キャンプ場で作業される場合は、フィールドへの悪影響となる恐れもありますので、溶液が垂れても大丈夫なように「ビニールシート」を必ず準備しましょう!

特に”芝生サイト”の場合は絶対に対策をしてください!!

まずはテントを設営!

「防水液」を塗る際は、テントを設営した状態で作業するのがオススメ

一応、”物干し竿”に吊るしたり、ブルーシートに広げて作業することもできますが、やはり設営して散布面がしっかりと張った状態のほうが、塗りムラができにくいです!

今回は自立式のダブルウォールテントなので、インナーテントにフライシートをかぶせて、四隅をバックルで接続した状態で作業しました!

フライシート→インナーテントのボトムの順で作業します。

非自立式のテントの場合は、ペグダウンして設営した状態にしましょう!

フライシート・ボトムに「防水液」を塗る!

テントが設営できたら、本題の「防水液」を塗っていきます!

バケツに溶液を入れて準備!

少しずつ入れて、無くなったらつぎ足しつつ使用しました!

ちなみにブログ主のソロ用山岳テントの場合は。パラウエット(1L)で、だいたい薄塗り3回分ぐらい。シーズンごとに塗っているので、1本で1年分ぐらいです。

まずはフライシートに防水液を塗っていきます!

かなりサラッとしている溶液なので、スーッと撫でるように刷毛を動かすだけで”薄塗り”ができます♪

頭の部分にもしっかり塗りましょう!

1面が塗り終わりました!

同じ要領で、残りの3面も塗っていく!

フライシートが塗り終わりました!

パラウエットは非常に揮発性が高く、全面塗れた時点で最初に塗った前面はすでに乾き始めていました!

フライシートを取り外して乾かしておきます!

続いてインナーテント!

インナーテントに防水液を塗る場合は、”塗る箇所”にご注意してください!!

〈インナーテントに防水液を塗る場合〉

  • ○:ボトム底面(グラウンドシート部分)
  • ○:サイド底面(バスタブ部分)
  • ✕:サイド・上部のフロア部分

ブログ主のテントの場合は、オリーブカラーの部分は塗ってもOK!!

インナーテントを寝かせて、底面に塗っていきましょう!

えい!!

面積の広い底部も、パラウエットはしっかり伸びてくれるので、作業が楽ちん♪

底面が塗り終わったら、サイドのバスタブ部分にもしっかり防水液を塗りましょう!

これで防水液を塗る行程は終わり!

しっかり乾燥させる!

あとは防水液が乾くまでしっかり待つだけ!

非常に揮発性が高いので、30分ほどですっかり乾きました!

念の為、あと30分ほど放置して、トータル1時間ほど乾燥させました!

これで作業は完了です!

完成!撥水性の確認!

撥水性の確認!

インナーテントのボトムに水をかけてみると、しっかり水滴が玉状に弾かれていますね!!

同じくフライシートもしっかり撥水性が復活しました!!

生地にまったく染み込む様子がなく、表面で撥水できてますね!

パンパンっと弾けば水滴はなくなります♪

これでまた快適にテント泊が楽しめそうです!!

ということで「防水液」を塗って撥水性を復活させる作業は終了!

まとめ

ということでテントのメンテナンス「防水液を塗って撥水性を復活させる」でした!

急な天候変化にも対応し、雨水などから守ってくれる頼もしい防水テント!ですが、やはり定期的なメンテナンスを怠ると、その防水性も失われてしまいます!

きちっと手入れをして、長く活躍する相棒に!!

テントのシームテープ(シーリングテープ)を貼り替える!準備と方法!
今回は長年使用してきたテントのメンテナンスのお話!7年間、登山やバックパックキャンプなどで...
タイトルとURLをコピーしました