金剛山のオススメ登山ルートまとめ!登山口別に駐車場や見所も紹介!

山域まとめ
スポンサーリンク

大阪府と奈良県の県境にそびえる金剛山。金剛山地の主峰で大阪府の最高峰の山です!

『毎日登山』の山としても有名で、季節を問わず一年中たくさんの登山者で賑わい、200名山の一つに数えられる関西を代表する登山の人気スポットです!

金剛山の登山ルートは山頂を中心に無数に枝分かれしていて非常に豊富!毎回ルートを変えながら登ることができるので、何回訪れても山登りを楽しめる山ですね♪

ですが、初めて訪れる方には”金剛山に登ってみよう!”と思い立っても、ルートがたくさんありすぎて”どのルートを登ればいいの?”と悩んでしまうかもしれません!

ということで今回は「千早赤阪村」「水越峠」「奈良県側」の3つ登山口に分けて、金剛山のオススメルートを紹介していきます!

オススメルートの基準として、危険箇所が無い点、道が明瞭な点を重視して、初心者の方から安心して登れるルートをまとめてみました(*´∀`*)

標高:金剛山 1125m

山域:金剛山地 大阪府と奈良県の県境

2万5000分の1地図:御所、五條

その他:200名山関西百名山

登山口:千早赤阪村

千早赤阪村からのオススメルート3選!

「千早赤阪村」は大阪府の唯一の”村”。金剛山の西側の麓で、大阪側のメイン登山口です!

千早赤阪村からの登山ルートの特徴は、他の登山口に比べて整備がよく行き届いているルートが多く、距離も短めで比較的短時間で登ることができます!

千早赤阪村からはロープウェイも運行され、公営、民営の有料駐車場も豊富。

河内長野駅から金剛登山口までバスも運行されているので公共交通機関でもアクセスがしやすく、金剛山の登山口の中では最も利用者の多い登山口になります!

ここでは千早赤阪村を起点とした3つのルートをご紹介!

千早本道

千早本道は数多くある金剛山登山ルートの中で、最も多くの登山者が行き交う、金剛登山のメインルートです!

登山道は登り始めから山頂までしっかり整備が行き届いているルートなので、初めて金剛山へ登るならこのルートが一番オススメです!初めての登山にもオススメ♪

ルートは千早城跡を経由するルートと、まつまさ近くの登山口から直接尾根に合流するルートがあります!

危険箇所はありませんが、山頂まではずっと階段が続くので少し体力的には辛いルートです。

個人的には千早城跡経由のルートがオススメ!直接尾根に登るルートに比べて、少しだけコースタイムは多くかかりますが、鎌倉時代末期から南北朝時代に楠木正成が築城した城跡を探索しながら山頂を目指す事ができて魅力なルートです。

千早本道をピストンする場合は登り下りのどちらかに立ち寄ると良いですね♪

コースタイム

千早城跡経由:登り100分/下り60分

千早城跡経由なし:登り80分/下り50分

文珠尾根ルート

文珠尾根ルートは植林の樹林帯が多い金剛山の登山ルートの中では比較的自然林の多いルートになります!

千早本道との組み合わせで、下山ルートにもオススメ!

見どころは山頂に近づくに連れて増える自然林と”岩屋文珠”。

岩屋文珠は智将であった千早城の主「楠木正成」が信仰していたとされ、現在は学業成就の神様として有名です!受験生にもオススメ♪御利益あるかも!

百ヶ辻から沢沿いに入り、尾根に出るまでは急坂ですが、それ以降は次第に自然林が増えていく尾根道。

ルート入り口の百ヶ辻周辺は駐車場が非常に豊富です!

コースタイム:登り100分/下り70分

黒栂谷道

黒栂谷道(くろとがだに)は比較的傾斜も急で、植林の樹林帯の中を歩くルートです!

ですが山道の急な区間は短く、ルートの約半分が舗装された林道を進むルートなので難易度は低めです。

谷から急斜面を登り、”セト”で尾根に出てからは山頂まで自然林も多くなって、傾斜も緩やかになります!

セトでは水越峠からの登山道「青崩道」と合流します。

ルートは半分ぐらいが舗装された林道なので、登りでは少しキツめ。

スタート地点が千早本道と同じく”まつまさ”の駐車場なので、周回ルートで計画する場合は下山ルートにオススメです!

コースタイム:登り120分/下り80分

オススメプラン!

千早本道→黒栂谷道

登りは金剛登山の代表ルート”千早本道”で山頂を目指し、林道が多い”黒栂谷道”で楽々下山する周回ルートです!

”まつまさ”の駐車場を起点にすると、ちょうど一周することができるプランです♪

  • まつまさ駐車場→千早本道→金剛山→セト→黒栂谷道→まつまさ
金剛山に登山!千早本道→黒栂谷道で千早赤阪村から周回!
2018年12月下旬に金剛山に登ってきました! 今年もいよいよあと僅か。気付けばもう年の瀬ですね!...

文珠尾根→千早峠 ダイトレプチ縦走プラン

このルートは文珠尾根ルートで金剛山に登り、その後ダイヤモンドトレールを進み、中葛城山、高谷山と縦走し、千早峠から千早赤阪村へ下山するプチ縦走プランです!

  • 百ヶ辻→文珠尾根→金剛山→ダイトレ(中葛城山→高谷山→千早峠)→百ヶ辻

登山口と下山口が同じなので、初めての縦走にもオススメのプランです!

金剛山に登山!文珠尾根→ダイトレ→千早峠で千早赤阪村から周回!
2018年6月上旬に金剛山へ登山に行きました! 数日前に、たまたま立ち寄った本屋さんでアウトドア雑...

千早赤阪村の登山口周辺駐車場!

金剛山麓「まつまさ」駐車場

お食事処「金剛山麓まつまさ」「山の豆腐」の駐車場。

千早本道(千早城跡経由なし)の登山口すぐ目の前にある、駐車場なのでたくさんの方が利用される駐車場です!

千早本道黒栂谷道で計画する場合はこちらの駐車場が便利です!

今回は紹介していませんが、人気のカトラ谷ルートやタカハタ道などの他の登山口へも近く、様々なルートの登山口へアクセスしやすい駐車場です!

所在地:〒585-0051 大阪府南河内郡千早赤阪村千早950

TEL:0721-74-0015

駐車料金:600円/1日

Google Mapコード:34.418763, 135.650545 Google Mapへ!

府営金剛登山道駐車場

 

大阪府立金剛登山道駐車場はロープウェイ乗り場に一番近い駐車場

登山だけでなく、ロープウェイに乗って観光される方にもオススメの駐車場です!

府営の駐車場なので、千早赤阪村周辺の駐車場では一番広く、利用しやすい駐車場だと思います!

所在地:〒585-0051 大阪府南河内郡千早赤阪村千早1330-2

TEL:0721-74-0044

台数:約180台

駐車料金:600円/1日

その他にも、金剛登山口バス停~ロープウェイまでの間の道路脇にはたくさんの村営、民営の駐車場があるので、その日の山行プランに合わせて駐車場を選ぶと良いと思います!

どの駐車場でも駐車料金は普通車で1日600円でおそらく統一されているのだと思います!

毎日登山で登られている方々は麓の駐車場と半年~1年単位で契約して借りているそうです!毎日登山に挑戦される方は各駐車場に問い合わせてみましょう!

登山口:水越峠

水越峠からのオススメ登山ルート4選!

水越峠は大阪府と奈良県の県境にある峠。金剛山と大和葛城山、人気の2山の中間地点にある登山口で、一年を通して登山者で賑わいます。

千早赤阪村からのルートに比べると少し距離は長めですが、ルートのバリエーションは豊富。大和葛城山との組み合わせもオススメです!

ここでは水越峠を起点とした4つのルートを紹介

ダイヤモンドトレール  水越峠~一ノ鳥居

屯鶴峰から槇尾山までを繋ぐ縦走路「ダイヤモンドトレール」。

このルートはダイヤモンドトレールの水越峠~一ノ鳥居までの区間を歩き金剛山を目指すルートです!

樹林帯が多く展望ポイントの少ない金剛山の登山ルートですが、このルートはカヤンボから尾根まで登ると、奈良盆地が一望できるポイントがあります!

水越峠~カヤンボまでは舗装された林道を進みます。そこから山道に入り尾根まで登ると奈良盆地の展望ポイント。尾根道を進み、一ノ鳥居をくぐって表参道で山頂へ登るルートです!

コースタイム:登り150分/下り110分

青崩道

青崩道は水越峠からのルートの中で最も西側のルートです。

このルートは距離は少し長めですが、比較的自然林が多く道もなだらか。道も明瞭な尾根道なので個人的には水越峠からのルートの中で一番オススメのルートです!

特に春の新緑と冬の樹氷の時期は自然林が美しく、登るのが楽しいルートです♪

登山口は水越トンネル西口から旧国道309号線に入ってすぐにあるトイレの脇の林道から。

青崩道は金剛山の山頂広場(国見城址)へそのまま尾根が繋がっています。

コースタイム:登り150分/下り100分

太尾尾根ルート(東尾根、西尾根)

太尾尾根ルートは、尾根に登り切るまで急登と平坦な道が交互にあるルート!

風景も自然林と植林が入り交じるルートです!多少、急勾配の坂があるものの、ルートは踏み跡がしっかりあるので道迷いの心配はありません。

太尾塞跡を過ぎると、道も穏やかになり、途中「大日岳」を経由して山頂を目指します

登山口は尾根の東側と西側の2箇所の登山口がありますどちらかといえば、東側の入り口の方が利用者が多いようです。

コースタイム:登り140分/下り100

ガンドガコバルート

ガンドガコバルートは太尾尾根ルートと同じく、大日岳経由で山頂へ至るルートです!

林道のように広い登山道を進むルートで、水越峠からのルートの中では最も歩きやすいルートになります。

歩きやすさの反面、見どころはあまりなく、少し単調。個人的には下山ルートとしてオススメです!

登山口の水越峠から舗装された林道を進み、カヤンボでダイトレの登山口をそのまま見送り進みます。太尾塞跡まで太尾尾根ルートと合流するまでは林道のような広い登山道を登り、そこから六道の辻、大日岳を経て山頂に登ります!

コースタイム:登り140分/下り90分

オススメプラン!

青崩道→ダイヤモンドトレール

水越峠を起点に周回するルートです!

登りは”青崩道”で金剛山の山頂へ登り、山頂広場から転法輪寺、葛木神社へお参り、一ノ鳥居から水越峠まで”ダイヤモンドトレール”を下山します!

  • 水越峠→青崩道→金剛山(国見城址→転法輪寺→葛木神社)→一ノ鳥居→ダイトレ→水越峠
金剛山に登山!水越峠から青崩道→ダイトレで周回!ついでに大和葛城山のツツジを観に寄り道♪
2018年4月下旬に金剛山に登りに行きました! 金剛山は大阪府と奈良県の県境に位置する標高1125...

太尾尾根→ガンドガコバルート

このプランは大日岳を経由する”太尾尾根ルート”と”ガンドガコバルート”を組み合わせたプランになります!

東尾根登山口から太尾尾根で西尾根と合流し太尾塞跡へ登ります。太尾塞跡から大日岳へ登り金剛山の山頂へ!山頂から同じコースを太尾塞跡まで戻り、ガンドガコバルートを下山します!

  • 東尾根登山口→太尾尾根→太尾塞跡→大日岳→金剛山→太尾塞跡→ガンドガコバルート→水越峠
金剛山に登山!初心者にオススメの太尾東尾根からガンドガコバルートを水越峠から周回しました!
2018年8月下旬に金剛山に登りました! 金剛山は毎日登山で有名な山で、いつもたくさんの登山客でに...

番外:大和葛城山への縦走もオススメ!

水越峠は金剛山と大和葛城山の間にある峠です。

少し体力は必要ですが、水越峠を起点に人気の2山を縦走するプランがオススメ

  • 青崩道→金剛山→ダイトレ (一ノ鳥居→水越峠)→大和葛城山→天狗谷道

のプランなら水越峠を起点にぐるっと一周することができます!

金剛山から大和葛城山へ冬の縦走!水越峠を起点にぐるっと一周!
2019年1月下旬に金剛山と大和葛城山を縦走しましたー! 今年の関西地方はなかなか雪が積もらない暖...

水越峠の駐車場!水越川公共駐車場

水越峠周辺で一番大きな駐車場は「水越川公共駐車場です!

この駐車場は旧309号線沿い、トンネル西口と水越峠のちょうど中間あたりにある駐車場です。どの登山ルートを歩くにも便利。特に周回ルートの場合は利用しやすいと思います!

所在地:〒585-0041 大阪府南河内郡千早赤阪村水分

台数:約20台 無料 

Google Mapコード:34.444323, 135.676893 Google Mapへ

トンネル西口から旧国道309号線に入ってみるとすぐにわかりますが、道脇のスペースも含めて、水越峠周辺にはたくさんの駐車スペースがあります!

画像の駐車スペースはその一例で、バス停近くの駐車場。太尾東尾根ルートの登山口すぐにある駐車場です。

その日の山行プランに併せて、駐車する場所を選ぶといいですね♪

登山口:御所市、五條市(奈良県側からのルート)

奈良県側からのオススメルート4選!

奈良県側の登山口は金剛山の山麓の御所市、五條市からのルートになります。

奈良県側からの登山ルートの特徴は、他の登山口に比べて距離が長いルートが多く、やや健脚向きで体力が必要です。

ですが、滝のあるルートや史跡のあるルートなど見どころも多く、金剛山も魅力を存分に味わうことができるので個人的にはお気に入りのルートが多いです♪

ここでは奈良県側の登山口を起点とした4つのルートをご紹介!

天ヶ滝新道

天ヶ滝新道は林道を利用した比較的新しい登山道です!

奈良県側のメインルートになります!やや距離は長く、登り始めは急ですが、全体的には金剛山を目指してながらかに進むルートです。

こちらがルートの名前になっている”天ヶ滝”。あまり大きな滝ではありませんが、2段になったきれいな滝です♪

このルートは地元にある学校の冬山登山の行事でも利用されているルートなので、道標がしっかりありよく整備されている印象です!

登山口にある駐車場から登山をスタートします!途中、天ヶ滝に立ち寄り、ダイトレに合流するまでは尾根道を登っていきます!

ダイトレ合流後は伏見峠、ちはや園地を見送り、一ノ鳥居から金剛山の山頂へ至るルートです!

コースタイム:登り170分/下り130分

石寺跡道(小和道)

石寺跡道(小和道)は古道のような雰囲気の残るルートです!葛城二十八宿経塚の石寺跡や、高宮廃寺跡などの史跡が見所!

写真の大きな岩はルート内にある「第20番経塚 石寺跡 妙経 常不軽菩薩品

石寺跡道は天ヶ滝新道のすぐ北側にある谷筋を進むルート。天ヶ滝新道との組み合わせで、下山ルートにオススメです!天ヶ滝新道登山口までの抜け道もあります。

歩く人が少なく登山道は少し荒れ気味ですが、踏み跡はわかりやすいです!

伏見峠の手前にある分岐。左が伏見道、右が石寺跡道です!

コースタイム:登り180分/下り140分

郵便道←通行止め!迂回路「不動道(マツバカケ尾根)」

奈良県側で人気があった”郵便道”ですが、数年前の台風の影響で現在は通行止めになっています!※2019年6月現在

ですが、同じ高天彦神社を起点とした”不動道(マツバカケ尾根)”がすぐ隣にあります!

不動道の名前の由来になっていると思われる不動地蔵。

郵便道とマツバカケ尾根はスタート地点とダイトレ合流地点が同じで、一ノ鳥居のすぐ近くに抜けることができるルートです!

このルートは奈良県側のルートの中では距離は短め。

奈良県側のルートとしては利用者も多く、踏み跡もわかりやすいです!

コースタイム:登り140分/下り100分

伏見道

伏見道は菩提寺から伏見峠までを繋ぐルートです!

登山道は少し荒れ気味ですが、道は明瞭で、道標やベンチなどもあり、よく踏まれている印象です!

こちらが伏見道の登山口です!登山口すぐの菩提寺から伏見峠までは一定の傾斜が続きます!悪く言うと少し単調なルートかもです。

菩提寺から高天彦神社まで遊歩道が整備されているので、郵便道やマツバカケ尾根ルートとの組み合わせで下山ルートにオススメです

登山口(菩提寺)から伏見峠まで登ると、山頂まで道はなだらか。ダイヤモンドトレールで山頂を目指します。

コースタイム:登り180分/下り140分

オススメプラン!

天ヶ滝新道→石寺跡道

天ヶ滝新道の登山口を起点に周回するプランです!

登りは奈良県側のメインルート”天ヶ滝新道”で金剛山へ登り、下山は伏見峠から伏見道に入り、すぐの分岐から天ヶ滝新道の隣の”石寺跡道”を下山するコースです!

滝あり、史跡ありの見どころの多い山旅です♪

  • 天ヶ滝新道登山口→天ヶ滝→伏見峠→金剛山→伏見峠→石寺跡道→登山口
金剛山に登山!天ヶ滝新道~石寺跡道で奈良県側から周回しました!
2018年7月中旬に金剛山を奈良県側から周回するルートで歩いてきました! 金剛山は大阪府と奈良県の...

不動道(マツバカケ尾根)→伏見道

次は高天彦神社を起点に周回するプランです!

高天彦神社から不動道(マツバカケ尾根)を登ってダイトレに合流し一ノ鳥居へ、山頂へ登った後はダイトレで伏見峠まで進み、伏見道で菩提寺まで下山します!

  • 高天彦神社→不動道→一ノ鳥居→金剛山→伏見峠→伏見道→登山口(菩提寺)

郵便道が復旧すれば、不動道、伏見道と組み合わせを変えつつ歩くこともでき、バリエーションが増やせそうですね♪復旧してほしいな~。

金剛山に登山!郵便道迂回路(不動道)→伏見道で高天彦神社から周回!
2018年11月中旬に金剛山へ登りました! 金剛山は大阪府と奈良県の県境に位置する標高1125mの...

奈良県側の登山口周辺駐車場!

天ヶ滝新道登山口駐車場

 

天ヶ滝新道の登山口には駐車場があります!

天ヶ滝新道と石寺跡道(小和道)を利用される場合はこちらの駐車場が便利です!

台数:約15台 無料

Google Mapコード:34.398240, 135.695544 Google Mapへ!

高天彦神社の駐車場

郵便道、マツバカケ尾根(不動道)、伏見道の起点となる高天彦神社

高天彦神社境内外には駐車場があり、登山者に開放されています

所在地:〒639-2334 奈良県御所市北窪158

台数:約20台 無料

Google Mapコード:34.417731, 135.697103 Google Mapへ

登山地図

昭文社:山と高原地図50「金剛・葛城 紀泉高原」

昭文社「山と高原地図」は、コースタイムや水場、見所などが詳細に記された定番の登山地図です!

金剛山の該当マップは50「金剛・葛城 紀泉高原」

GPSアプリが便利!オススメは「YAMAP(ヤマップ)」

金剛山はルートが非常に多く、山頂を中心に無数に枝分かれしています。

歩いていると、他のルートとの分岐があったり、地図に載っていないような作業林道や荒廃した旧道などもあるので、道迷いの危険があります!

現在地がすぐに確認できる登山用の「GPSアプリ」があると便利です!

ブログ主がよく利用しているのは「YAMAP(ヤマップ)」というアプリ!

デザインがシンプルで使い勝手がよく、色付きの詳細な地図などの有料機能以外は、基本無料で利用できます!

スマホに入れておくと安心です♪

まとめ

今回は「金剛山のオススメ登山ルートのまとめ」でした!

さまざまなコースがあり関西を代表する登山スポット金剛山。初心者から経験者まで一年中何度登っても楽しめる山です!

ロープウェイで山頂に登れたりと楽しみ方は人それぞれ。体力に自信がない方でも、お子様連れからお年寄りまで誰でも自然を満喫できます♪

金剛山には今回紹介したルート以外にも、まだまだたくさんのルートがあるので、これからも毎回ルートを変えながら登ろうと思います!

その都度、オススメルートの更新などもしながらご紹介できればと思います!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

ではまた~(^_^)/~

タイトルとURLをコピーしました