BUNDOKベースコンテナ600|キャンプ道具の収納に便利!耐荷重80kgの頑丈な収納ケース!

道具レビュー

今回はキャンプ道具の収納に便利な『収納ケース』のご紹介!

ブログ主が愛用している『BUNDOK ベースコンテナ600』は、非常に堅牢なつくりで、キャンプなどのアウトドア用途にピッタリの収納ケースです!

フタの耐荷重が約80kgもあり、テーブル代わりにも使える他、イスや踏み台としても活用できるほど頑丈な収納グッズです♪

BUNDOK『ベースコンテナ600』とは?

こちらが『BUNDOK ベースコンテナ600(BD-202)』です!

『BUNDOK(バンドック)』は新潟県に本社を置く、日本のアウトドアメーカーです!!

非常にコスパに優れたアウトドアアイテムを開発されており、特に「ソロベース」や「ソロティピー」を始めとしたミリタリーテイストのテントで、爆発的な人気を博した勢いのあるメーカーさんですね!

ブログ主も「ソロベース」を愛用していますが、高コスパでありながら非常に品質にも優れたテントで、とってもお気に入りです♪

今回ご紹介する『ベースコンテナ600』も、”軍幕”と相性の良いミリタリーグリーンのカラーリングで、BUNDOKらしい無骨なアイテムとなります!!

BUNDOKソロベース|コスパ最高のフルカスタム軍幕テント
最近、密かにブームになりつつある軍幕テント!本家のUSパップやドイツ軍テントなどのデットス...

〈製品スペック〉

  • 製造国:日本
  • 材質:本体・フタ(ポリプロピレン)、バックル(ABS樹脂)
  • 重量:2.6kg
  • 耐荷重:80kg(フタ)フタ取り外し可

実は『ベースコンテナ600』とカラー以外のスペックが全く同じ、JEJアステージ『アクティブストッカー600』という収納ケースがあります!!

おそらく「ベースコンテナ600」は、JEJアステージさんの『OEM』製品なのだと思います!

『OEM』とは

Original(本来の)」

Equipment(製品)」

Manufacturere(製造業者)」

の頭文字をとった用語です

『自社で製造した商品を、自社ブランドでなく、他社ブランドとして販売すること』を指します!

ブログ主はソロベースを愛用しているので、テントと合わせるために”BUNDOK”のコンテナを購入しました!

ですが、JEJアステージ『アクティブストッカー』は、サイズ・カラーが豊富に展開されています!!

テントのカラーに合わせたり、用途に応じて選択できるのも嬉しいポイントですね♪

サイズ・容量

〈サイズ〉

  • 商品サイズ:W60×D38×H33.3cm
  • 内寸:W48.6×D28.6×H28.2cm

容量に関しては、メーカーの商品ページでも、何Lかの表記はありませんでした!

ブログ主が使っているコストコの折りたたみコンテナ(46L)とほぼ同じぐらいの容量があるので、おそらく45~50Lぐらいだと思います!

コストコで購入した「コンテナ」がキャンプ用品の運搬で大活躍!
今回はコストコで購入した「コンテナ」の紹介です!キャンプではたくさんの道具を詰め込んでキャ...

ちなみにソロキャンパーのブログ主の場合は、折りたたみコンテナ+ベースコンテナ600で3シーズン用のキャンプ用品は収まります!※チェア・テーブル・クーラBOXは除く

  • テント・コットなどの設営用品→『折りたたみコンテナ』
  • クッカー・ランタンなどのツール類→『ベースコンテナ600』

真冬はこれにプラスして、毛布を追加するぐらいでスッキリ収納できています!

ファミリーキャンプの場合は、荷物の量に合わせて収納ケースを複数そろえるといいかもですね♪

またBUNDOKには『ベースコンテナ500』というコンパクトなモデルもあります↓

こちらもおそらくJEJアステージさんのOEM商品だと思います!

内寸の高さは約28cm

CB缶はもちろん、ハリケーンランタンも立てた状態で収納することができます!

キャンプ用品を詰め込むとこんな感じです!

100均の収納グッズなどを組み合わせるのもオススメです♪

フタは跳ね上げ式!

『ベースコンテナ600』フタが”跳ね上げ式”の収納ケースとなります!

収納ケースのフタが、”跳ね上げ式”か”取り外し式”かは好みが分かれるポイントだと思います!

キャンプ用品の収納ケースとして、他に人気なのがトラスコ『トランクカーゴ』

こちらは、フタが取り外し式のコンテナとなります!

ベースコンテナと同じように非常に頑丈な収納ケースです!

トランクカーゴの人気の理由は、取り外したフタを裏返して”テーブル”として活用できる汎用性の高さです!フタの裏側にピッタリの天板をDIYしてカスタマイズされているキャンパーさんが多いです!

ですが、『ベースコンテナ600』はもともとフタの天板がフラットに設計されています!!

フタを締めた状態で、そのままテーブルとして活用できます

フタが跳ね上げ式なので、道具を取り出すときも嵩張らないメリットもあります!

個人的には、フタがフラット・嵩張らないというメリットを魅力に感じて、『ベースコンテナ600』を選択しました!!

ちなみに無印良品で販売されている「ポリプロピレン頑丈収納ボックス」は、おそらくトラスコさんのOEM商品だと思います!

フタがロックができる”バックル”は丈夫なABS樹脂

非常にしっかりとロックできるので、移動中も安心です♪

特にバイクキャンパーさんは、収納ケースをそのまま荷台に取り付けることもできるのでオススメです!!

頑丈なコンテナ!耐荷重は約80kg(フタ)!!

『ベースコンテナ600』は、ボディ・フタの素材が”ポリプロピレン”

実際に使用した感想では、非常に堅牢なつくりで、丈夫な印象です!

フタはしっかりとした厚みがあり、メーカー発表で耐荷重が約80kgもあります!!

ややぽっちゃり体型のブログ主(70kg)が座っても、全く問題ないほど頑丈な収納ケースです♪

テーブルとしてはもちろん、チェアや踏み台としても活躍できます!

天板は周囲に溝がある形状をしており、同じ収納ケースならスタッキング(積み重ね)する事ができます!!

またこのフタは取り外すことも可能!!

ケースを使用しない時は、ネスティング(入れ子状態)することもできます!自宅などでキャンプ用品の整理をする際も、複数個もっていても嵩張らなくて使い勝手が良い!!

JEJアステージの他サイズの収納ケースも、組み合わせてスタッキング・ネスティングができるので用途に応じた汎用性の高さも◎♪

テーブル・イス・踏み台としても使用でき、アウトドアでの使用でも安心の堅牢性!

複数個を組み合わせての使用もでき、非常に使い勝手が良い収納ケースだと思います!!

ミリタリーテイストのカラーリングもよく、流行りのTCテントとの相性も◎!

アウトドアメーカーのステッカーを貼ったりして、自分好みにカスタマイズするのも楽しそうです♪

まとめ

今回は『BUNDOK ベースコンテナ600』の紹介でした!

最後にまとめると、

  • とっても丈夫な収納ケース!
  • 天板がフラットでテーブルにもなる!
  • フタの耐荷重80kg!イス・踏み台としても活用できる!

ソロキャンプならコレ一つで十分収納でき、ファミリーキャンプならスタッキングもできる収納ケース!

非常に堅牢なつくりで、アウトドア用品の収納・運搬にピッタリです!!

タイトルとURLをコピーしました