二上山に登山!2つのピークが連なるダイトレ北端の山!

登山・トレッキング
スポンサーリンク

2018年4月中旬に二上山にハイキングに行きました!

この日は午後から用事があったので、午後には自宅に帰りたい。

午前中にサクッと登って自宅に帰れる山はないかなと考えて、二上山に登ることにしました。

 

二上山

二上山は奈良県と大阪府の境に位置する山で、2つのピークが緩やかに連なっているので、遠くから見ても見分けが付きやすい山です。標高は517m。

金剛・葛城山系(ダイヤモンドトレール)の起点となる山としても有名です。

古くは万葉の時代から親しまれてきた山で、麓には當麻寺や竹内街道が通っていたりと歴史を感じることができます。

 

登山コース

今回はダイヤモンドトレール北口の屯鶴峰からスタートし、祐泉寺も降るコースを選択しました。

  • ダイヤモンドトレール 屯鶴峰~ダイヤモンドトレール北口~馬の背~雌岳~雄岳
  • 祐泉寺コース    馬の背~祐泉寺~ふたかみパーク當麻

どちらのコースも初心者でも安心して歩くことができるコースです。

 

想定タイム

 

  • ダイヤモンドトレール~山頂 1時間~1時間30分
  • 祐泉寺コース~ふたかみパーク當麻 45分~1時間
  • ふたかみパーク當麻~駐車場  30分

全体で2時間30分~3時間ほどのコースとして計画しました。

 

駐車場・交通

 

駐車場は屯鶴峰駐車場に停めさせていただきました。5台ほど駐車することができます。

道の駅ふたかみパーク當麻の駐車場を利用することもできると思いますが、本来の用途ではないので利用される場合は事前にお問い合わせして了解を得てから利用するようにしましょう。

他にも竹内峠の万葉の森の駐車場も利用できます。

電車の場合は近鉄南大阪線の上宮太子駅からスタートして当麻寺駅をゴールとするコースがオススメ!

それでは紹介していきましょう。

二上山に登山!

スタート地点の屯鶴峰。とりあえず寄り道してからスタートします。

屯鶴峰は奈良県香芝市にある奇岩群・奇勝。二上山の火山活動によってこんな岩が露出しているんだとか。

ちなみに戦時中には防空壕として利用されていたようです。

実は心霊スポットとして地元でも有名だったりします…。

ダイヤモンドトレールの起点の石碑。ここから二上山までは2km。

屯鶴峰から車道沿いを大阪側へしばらく進むと、ダイヤモンドとレールの道標があります。

ここから山道へ入っていきます。

山道に入ってしばらくは木の階段を登ります。

しばらく登ると、なだらか出歩きやすい道になります。

ツツジが満開です。

太子町総合スポーツ公園からの道と合流。

道標に従い山頂を目指します。

景色が開けてきました。

これから登る二上山が見えました。

なだらかに道が続いていきます。

途中に見える鉄塔。

旧ダイアモンドトレールとの合流。どの道からでも山頂へ出ることができます。

もうあと200mか。道がなだらかで歩きやすかったのでここまで全然時間がかかりませんでした。

舗装された道と合流します。道なりに進めば馬の背に到着です。

大阪側の景色。天気がよく遠くまで見渡せます。

PLの塔。金剛・葛城山系からは見慣れた景色。

馬の背に到着しました。馬の背までのタイムは40分ほど。

馬の背にはベンチがたくさんあり、トイレも完備されています。

二上山の説明板。二千年前って想像できないな~。この噴火で屯鶴峰はあんな不思議な景観になったんですね~。

馬の背は雌岳と雄岳の間に位置します。

まずは雌岳に登ります。結構急な坂ですが、5~10分ほどで登れます。

雌岳の山頂。

大きな日時計があります。ベンチに腰掛けしばらく休憩。

雌岳から大和葛城山方面。一番奥が大和葛城山。

山頂はツツジが満開でした。

ここから一度、馬の背に戻り。反対側の雄岳に登ります。

雄岳への登りはこのような、木の階段が続きます。

結構急な坂なので、のんびり登りましょう。

15分ほどで雄岳山頂に到着。こちらは葛木坐二上神社。

山頂の看板。雄岳山頂からは展望は見えません。しばらく見て回り、休憩せずに馬の背に戻ります。

またまた馬の背。

馬の背から祐泉寺に降ります。最初はしばらく急な下り坂です。

日が差し込んで気持ちいい~♪

階段の山道を下っていくと

沢沿いに降りてきます。

 

水場があります。

ここからは路面が濡れているので注意が必要です。足を滑らせないよう慎重に下りましょう。

このあたりの岩肌が滑りやすかった。

 

苔がいい味出してる。

プチ滝。苔で足を滑らせないように気をつけて通過。

祐泉寺が見えてきました。新緑が眩しい。

濃い緑がうつくしい祐泉寺。

馬の背から祐泉寺までは30分ほどで降ることができます。

祐泉寺をあとに、林道を進みます。

なんか京都の方にありそうな景色。竹林がきれいでした。

公園のようなところに出てきました。

振り返えると二上山がきれいに見えます。

池にいた水鳥。餌をあげたりする人がいたりして人間に慣れているのか、近づいても逃げませんでした。

こっち見るな(笑)

真っすぐ行けば当麻寺の方面です。今回は左に曲がりふたかみパークの方に向かいます。

 

ふたかみパーク當麻に到着しました。ここから屯鶴峰の駐車場までは30分ほど。

ふたかみパーク當麻から雄岳をパシャリ!ふたかみパーク當麻の向かいには二上山ふるさと公園があります。

もう一枚パシャリ!

ここから車道沿いをあるいて屯鶴峰まで歩いて帰りました。

まとめ

全体を通して整備の行き届いた登山道で登られている方も多い印象でした。

危険箇所もないので初心者の方でも安心して歩くことができます。

コースタイムは休憩込みで2時間30分ほどで回ることができました。

ハイキングやウォーキングの延長としてもおすすめできる素敵な山でした♪

 

 

タイトルとURLをコピーしました