大津谷公園キャンプ場!無料で利用できる岐阜県の人気キャンプ場でソロキャンプ!

キャンプ
スポンサーリンク

岐阜県の揖斐郡(いびぐん)池田町にある「大津谷公園キャンプ場」でソロキャンプしてきました!

 

「大津谷公園キャンプ場」は設備がとても充実しているにもかかわらず、無料で利用できるとあってキャンプ好きの間ではひそかに人気があるキャンプ場です!

ブログ主のようにふらっと立ち寄ってキャンプしたい人にとって、事前予約不要の無料キャンプ場ってなんて便利なんだろう(*´ω`*)

周辺に道の駅や温泉、スーパーなどがあり買い出しなど容易にできるのでソロキャンプだけでなくファミリーキャンプも楽しめます!

夏はキャンプ場の大津谷公園にとても良く整備された子供でも安心して遊ぶことができる川が流れているのでバーベキューなどのデイキャンプも人気です。

 

今回のキャンプは滋賀県にある「伊吹山」に登ったあとに立ち寄ったのでよろしければそちらの記事も合わせて読んでいただけたらうれしいです(*´∀`)

伊吹山に登山!上野ルートをピストンで好展望の「花の百名山」へ!
2018年5月下旬に伊吹山に登ってきました! 6月に入ると近畿地方は梅雨時期に突入しちゃうので、その前の天気が良いうちにどこかに登りたい!梅雨に入っ...

 

それでは大津谷公園キャンプ場でのキャンプの様子を紹介していきたいと思います。

 

大津谷公園キャンプ場

 

大津谷公園キャンプ場の場所

 

 

大津谷公園キャンプ場は滋賀県揖斐郡池田町にあるキャンプ場です。池田山の麓、山間部にあって自然が豊かな地域にあるキャンプ場。

大津谷公園キャンプ場の近く車で5分ほどの距離にに「粕川オートキャンプ場」があります。こちらも無料で利用できるキャンプ場です。今回は大津谷公園キャンプ場を利用しましたが、粕川オートキャンプ場にもいずれキャンプに行きたいですね♪

 

テントサイト

 

テントサイトは敷地内であれば全面フリーサイトなので自由にテントを設営できます!しかし場内への車の乗り付けはできないので駐車場から荷物もって運ぶ必要があります!

大津谷公園キャンプ場の敷地はとても広く、道路を挟んで川の上流側に「芝生のサイト」、下流側に「砂利のサイト」があります!上流側と下流側でサイトの雰囲気もガラッと変わるので好みで選びましょう!

下のマップは大津谷公園キャンプ場の配置図

出典:岐阜県池田町 大津谷公園キャンプ場

池田町の公式ホームページで配布されています。道路を挟んで左側が上流で芝生のサイト、右側が砂利のサイトです。

キャンプ場内にはたくさんのトイレと炊事場が完備されているので本当に利用しやすいキャンプ場という印象でした!

 

特に芝生のサイトはファミリーの人たちに人気があって、サイト全体は少し斜面になっているのですが、テント設営スペースが坂にならないように段々でサイトが区切られていて、設営場所が平らになるように工夫されているので快適♪

しかし芝生サイトは駐車場から上り坂になっているので荷物運びが少し大変そうです!アウトドアワゴンなどがあると便利ですね!

 

 

今回、ブログ主は下流側の「砂利のサイト」を利用しました!

というのも芝生サイトは平日であるにもかかわらずファミリーの方も多く混雑していたのと、砂利サイトのほうがソロキャンプの人が多い印象だったので砂利サイトのほうがいいかなっと思いこちらを選択。

駐車場からも近いので荷物もラクラク運ぶことができました♪

 

 

砂利サイトにも炊事場、トイレがしっかり完備されています(*´ω`*)

砂利サイトでのテント設営に関して少し注意点があります!

砂利サイトは砂利が少しゴツゴツしていたので、テント設営の際グランドシートは必須かなという印象でした!そのままテントを張ると底面に穴が空いてしまう恐れがあるので、ブルーシートでもランチシートでも1枚間に挟んであげるといいと思います!

場所取りはお早めに!いい場所は競争率高めです!!

大津谷公園キャンプ場は全面フリーサイトはもちろんですが、チェックイン&アウトも自由です!

その自由度の高さ故に、いい場所はすぐに埋まってしまいます!

ブログ主は訪れたときも、お昼すぎの到着では、すでに上流の芝生サイトは混雑していました!

できるだけ午前中に場所取りすることをオススメします!!

場所だけ確保してから買い出しや温泉へ向かうといいですね♪

 

では、テントの設営も一段落ついたのでいざ温泉へ!池田温泉へと向かいました!

 

道の駅「池田温泉」

池田温泉の場所

 

 

道の駅「池田温泉」は大津谷公園キャンプ場から車で10分ほどの距離にあります!

キャンプ場から近くて温泉があり駐車場も広いので、キャンプの際は立ち寄ることをオススメします!

 

道の駅には地元で取れた野菜や特産品などの販売の他、たくさんのテナントが入っていて木造の可愛い建物が立ち並んでいます。

キャンプ場で料理するのに地元の野菜などを使うと楽しいですね♪ブログ主もおつまみ用にそら豆を買いました(*´ω`*)

テナントの一つにバームクーヘン屋さんがあって、バームクーヘンの焼けるいい匂いがする道の駅でした(*´∀`)

無料で利用できる足湯もあります!

池田温泉は道路を挟んで向かい側にあります。

さっそく温泉へ。

この池田温泉は本館と新館に別れていて、迷ったのですが今回は新館の方へお邪魔しました!

新館は露天風呂に壺湯があったり、足つぼ快道という歩ける温泉があったりとバラエティ豊富な温泉でした。

お湯に使ったあと肌がすべすべするような泉質でとっても気持ちのいい温泉でのんびりくつろぐことができました♪

本館の方には露天風呂にスライダーで温泉に入れる滑り台があるので、お子様連れのファミリーの方には本館がおすすめです!

池田温泉詳細

新館

所在地:岐阜県揖斐郡池田町片山1970-1

営業時間:10:00~22:00 (受付は21:30まで)

休館日:毎週水曜日 12月30日~12月31日

料金:大人500円 小人300円(小学生以下) 3歳未満無料

TEL:0585-45-0261

本館

所在地:岐阜県揖斐郡池田町片山3021-1

営業時間:10:00~22:00 (受付は21:30まで)

休館日:毎週月曜日 12月30日~12月31日

料金:大人500円 小人300円(小学生以下) 3歳未満無料

TEL:0585-45-1126

 

温泉でゆったり過ごしたあとは再びキャンプ場へ戻りました!

池田温泉から大津谷公園キャンプ場への道沿いにはきれいな茶畑が広がる美しい風景♪

 

大津谷公園キャンプ場でソロキャンプ!

温泉から戻ったあとはしばらく川でほてった体を冷ましました。

足を川に浸けて、何も考えずにぼーっと時間がのんびり過ぎていくのを楽しみました。きれいな自然の中で何もせずに時間を贅沢に浪費できるのもキャンプの醍醐味ですよね(*´ω`*)

とはいえ日暮れも近づきお腹が減ってきたので晩御飯にします♪

まずはおつまみを作ります。先程道の駅で買ったそら豆とウインナーを茹でました!

そら豆めっちゃうまい!!そりゃ地元で取れた新鮮な野菜ですし、外で食べるんだから最高やわ(^O^)

おつまみを食べながらメインディッシュの調理。おつまみでちびちびやりながらだらだら作っていきます。

本日のメインディッシュはキャベツとスナップえんどうのペペロンチーノ!!

まいう~(*´ω`*)当然お供はビールです♪この日は朝早くから「伊吹山」に登って、温泉入ってキャンプなんで染み渡りますわ~(*´∀`)

ご飯を食べ終わったあとはただ日が暮れていくのをのんびり眺めていました。

ぼーっとしているとだんだん眠くなってしまって夕暮れを待たずに爆睡!笑 そりゃ朝早くから山登って来たんだからしかたないですよね~。

しかもこの次の日は滋賀県の綿向山に登ってきたので、翌日の朝も早くから行動する予定なので結果オーライ!

綿向山に登山!表参道→竜王山縦走コースで鈴鹿山脈の前衛峰を歩く山旅!
2018年5月下旬に綿向山から竜王山へと縦走しました! 綿向山は滋賀県と三重県の県境に伸びる鈴鹿山脈から少し西に伸びた支稜にある山。 滋賀県日野町...

結局翌日は朝日が登るのを待たずしてキャンプ場をあとにしましたー。

 

今回のキャンプで一つだけ残念なポイントが…。

それはテントの設営場所で、ブログ主は砂利サイトにテントを張ったのですが、張った場所が川に近くてちょうど川が滝になっている場所だったので、かなり川が流れる音がうるさかったです・ω・

ブログ主は登山の疲れもあって爆睡できましたが、次回からは川の音も考えて場所を決めようと決心するまぬけなブログ主でした~。

 

大津谷公園キャンプ場詳細

所在地:岐阜県揖斐郡池田町願成寺

利用料金:無料

利用期間:通年

駐車場:複数あり 十分な広さがあるので場所に困ることは無いと思います!

ゴミ:持ち帰り

TEL:0585-45-3111

関連サイト:岐阜県池田町 http://www.town.gifu-ikeda.lg.jp/

 

まとめ

 

まず驚いたのが、これだけきれい整備されていて、設備も充実しているのに無料で利用できるってことにとにかく驚きでした!

しっかりとした水道のある炊事場きれいに掃除されているトイレ子供でも安心して遊ばせることができる川きれいな芝生エリアテントが張りやすい砂利サイトと本当に至れり尽くせりなキャンプ場でした!

この日は平日でしたが沢山の人がキャンプ場を利用されていて、岐阜県だけでなく遠方の方からもキャンパーの方々が訪れているようでした。県外ナンバーの車も多かった!

ブログ主の個人的な感想ですが、ファミリーキャンプの方は芝生サイト、ソロキャンパーの方は砂利サイトを利用する方が多い印象でした!

周辺には道の駅や温泉があり、買い出しも車で数分の距離にスーパーがあるのでキャンプ初心者の方にもオススメできるキャンプ場です♪

あえて言うなら、とても人気があるキャンプ場でキャンプシーズンはかなりのキャンパーが集まると思うので、いい場所の競争率は高め。はやめに場所取りしましょう!

 

とても充実したキャンプを楽しませてもらいました(*´ω`*)また何度でも訪れたいと思えるキャンプ場で人気があるのも納得でした!次は冬にでも来ようかな~。

ではまた~(^O^)

タイトルとURLをコピーしました