天川村みのずみオートキャンプ場|渓谷と山々に囲まれたキャンプ場

キャンプ
スポンサーリンク

2020年11月中旬、今回は天川村の「みのずみオートキャンプ場」でソロキャンプしてきました!

もうそろそろ冬が近づいてましたが、気候が安定しているのか今年の秋は暖かい日が多い近畿地方。紅葉も今年は当たり年なのか、全国的にも鮮やかに色づいていましたね♪

紀伊山地の山中はそろそろ紅葉シーズンも終盤に近づいてきましたが、今回は大峰山の麓”天川村”のキャンプ場へ向かいました!

天川村を流れる”天ノ川”沿いはキャンプ場が非常に多く、関西では「川遊びスポット」としても人気のエリア!その他にも春はサクラ、秋は紅葉、冬は雪と満天の星空が広がるアウトドアにピッタリのエリアです!

そんな天ノ川沿いにある「みのずみオートキャンプ場」の情報をまとめつつ、秋のソロキャンプの様子をご紹介します!

「みのずみオートキャンプ場」とは?

「みのずみオートキャンプ場」は奈良県吉野郡天川村にあるキャンプ場!山岳修験の地として知られる”大峰山脈”の麓にあるキャンプ場です!

天川村は紀伊山地の標高600~800mの山中にある村で、夏でも平地に比べて涼しく過ごしやすい気候となり「関西の軽井沢」とも呼ばれる自然豊かな地域!

そんな天川村の玄関口にあるキャンプ場が「みのずみオートキャンプ場」です!

キャンプ場の目の前をエメラルドグリーンの清流”天ノ川”が流れ、世界遺産にも登録されている”大峰山”の山々に囲まれたアウトドアレジャーにピッタリのロケーション!

”天ノ川”は関西でも有数の川遊びスポットとしても大人気で、こちらのキャンプ場には”専用の川原”があります♪

洞川温泉”をはじめ、近隣に温泉が豊富で立地条件も良く、特にファミリーキャンプにオススメのキャンプ場です!

また利用料金は”シーズン料金”のシステムとなっており、オフシーズン・平日などはお得にキャンプが楽しめるのも魅力的♪

そんな「みのずみオートキャンプ場」についてご紹介します!!

みのずみオートキャンプ場

場所:奈良県吉野郡天川村南角52

TEL:0747-63-0839

営業:3月中旬~12月下旬

サイト:オートサイト・デッキサイト・バンガロー

チェックIN/OUT:13:00~/~翌11:00

HPhttp://www.minozumi.net/index.html

場所・アクセス

 

〈マイカーの場合〉

  • 下市口駅から国道309号線で約40分
  • 天川村役場の近くにあります

〈公共交通機関の場合〉

  • 奈良交通バス:下市口駅→天川川合
  • 天川川合バス停から徒歩15分

下市口駅方面から国道309号線を道なりに進み、バス停がある「天川川合」の交差点を右手(県道53号)に入ります。

この交差点を左へ進むと、洞川温泉(県道21号)や”みたらい渓谷”(国道309号)があります!

天川川合の交差点から300mほど進むと、”天川村役場”の看板があります。この看板を目印に”薬師橋”を渡ります。

橋を渡ると天川村役場とグラウンドがあるので、突き当りで左折

ちなみに右折すると、以前利用した「オートキャンプ沢谷」があります。

オートキャンプ沢谷|天ノ川の清流と温泉が楽しめるキャンプ場
2020年10月上旬、今回は奈良県天川村の「オートキャンプ沢谷」でソロキャンプしてきました! 台風...

道なりに進めばすぐに「みのずみオートキャンプ場」の建物が見えてきます!

チェックIN/OUT

キャンプ場の入り口!早速チェックインしましょう!

〈チェックIN/OUT〉

  • IN:13:00~15:00
  • OUT:~翌11:00

※チェックINが遅れる場合は要連絡

チェックインは、昼の13時からとなっていますが、サイトの混雑状況に応じてアーリーチェックイン/レイトチェックアウトできる場合があります

特に、オフシーズンである3月頃や11・12月などには対応していただけるかもです!

今回、ブログ主が予約した際も「10時からOKですよ~」とのことでした♪また翌日も15時ぐらいまで利用OKでした!!

ご予約の際に確認してみましょう!

チェックインすると、キャンプ場の利用案内や注意事項が記載された書類と領収書を受け取ります!

営業期間・定休日

  • 営業期間:3月中旬~12月下旬
  • 定休日:なし

「みのずみオートキャンプ場」は冬季休業のシーズン営業のキャンプ場です!

設備のメンテナンスや天候等の臨時休業はありますが、基本的にはシーズン中は定休日なしで営業されています!

予約について

予約は”電話”での受付となります!

  • 予約TEL:0747-63-0839
  • 予約開始:3ヶ月前の同日~※
  • 受付時間:9:00~18:00

※8月15日に利用する場合は5月15日9:00~予約開始!

注意点!「みのずみオートキャンプ場」はファミリーキャンプ場となります!騒音への対策として、団体・グループでの利用は受け付けておられません。

でもソロキャンプ・夫婦などの利用は快く受け入れてくださります!!

テントサイトと利用料金

こちらはキャンプ場入り口にある「みのずみオートキャンプ場」の全体マップです!

みのずみオートキャンプ場にはオート・デッキのキャンプサイトバンガロー・コテージの宿泊施設があります!

利用料金は「シーズン料金」のシステムとなり、ハイシーズンとオフシーズンで料金が異なります!

詳しくはHPの「価格カレンダー」を参照してください!

オートサイト

まずはオートサイト!オートサイトは駐車場と設営エリアが1ユニットになっているタイプのキャンプサイトです!

各サイトの面積によって利用料金が異なります!

〈施設使用料〉

  • 大人500円/小人250円

オートサイト利用料金()は区画数

  • 100㎡(5):2500~5000円
  • 90㎡(1):2000~3500円
  • 80㎡(5):1750~3500円
  • 70㎡(8):1500~3000円

〈備考〉

  • 1サイト1テント制
  • 定員5名まで
  • AC電源レンタル:500円
  • 車2台目から+500円

今回、ブログ主は70㎡のサイトを予約しました!

〈70㎡サイト・ソロ・平日〉11月のCシーズンに利用

サイト料金1500円+施設使用料500円+税=2200円

と、とってもお得なオフシーズンでした♪

サイトの空きが多い場合は、現地でサイトを実際に見ながら選ばせてもられることが多いようです!

オートサイトは管理棟から道路を挟んで向かい側にあります!

オートサイトの入り口。

場内の案内に従って各サイトへ車を乗り入れましょう!

オートサイトは山の斜面に階段状に整地されています。

70㎡~100㎡まで広さが選択できますが、1番小さな70㎡でも駐車スペースが分離しているので一般的なファミリーテントであれば設営スペースも十分過ぎるほど余裕があります!!

しっかりフラットに均されているオートサイト!木陰が多かったのでタープなしでも利用できそうですね♪

杉林に囲まれた林間サイトでアウトドアな雰囲気バッチリ!

サイトの地面は細かい”砂利”が敷き詰められています。ペグも刺さりやすくテントが設営しやすかったです!

AC電源のレンタルもできるので、暑い夏も朝晩が冷え込む春秋も機材を持ち込んで快適にキャンプを楽しむことができます♪

デッキサイト

天ノ川の川原に面したデッキサイト

〈施設使用料〉

  • 大人500円/小人250円

〈デッキサイト利用料金〉全2区画

  • 1500~3000円

〈備考〉オートサイトと同様

名前の通り、板張りのデッキにテントを設営するサイトとなります!

こちらのサイトの魅力はなんと言ってもロケーション!デッキからは天ノ川の清流が見渡せます♪

コテージ・バンガロー

続いてバンガロー・コテージ

バンガローとコテージの違いは、ご用意されている設備・備品にあります

〈バンガロー・コテージの違い〉

  • コテージ:ユニットバス・寝具・テレビ・BBQ用品など完備
  • バンガロー:室内の備品は座卓のみ

バンガローは寝具・BBQ用品などをレンタルor持ち込みで利用するタイプの宿泊施設。

コテージは設備が充実しているので食材以外はほぼ手ぶらでも利用でき、アウトドア初心者さんにもオススメの宿泊設備となります!

〈施設使用料〉

  • 大人500円/小人250円

〈コテージ利用料金〉

  • 大(8人用):18000~24000円※
  • 小(5人用):13000~18000円

〈バンガロー利用料金〉

  • 4人用:5000~8000円
  • 5人用:6000円~10000円
  • 6人用:7000円~12000円

〈備考〉

  • 車2台目から+500円
  • ※コテージ大は車2台まで駐車可。3台目から+500円
  • コテージは冬期のみ暖房費+1000円

ログハウスの雰囲気が漂うバンガロー!オートサイト内にあるA棟・B棟は杉林が木陰を作り、管理棟前に並ぶC~F棟はデッキから天ノ川を見下ろすことができます♪

コテージにはBBQ器具が一式完備!クーラーやテレビ・電子レンジまでご用意されているので、本当にほぼ手ぶらで楽しめる快適なコテージですね♪

キャンプ場の設備

管理棟

キャンプ場の受付である管理棟。

管理棟にはレンタル用品が豊富に取り揃えられています!

お菓子やレトルトなどちょっとした食品類も販売されています!また炭・薪・氷などの販売も行われていました!

特に薪は一束350円と非常にリーズナブル

炭:600円 薪:350円

飲料は入り口横に自動販売機が設置されています!ジュースの他、酒類もあり!

炊事場・トイレ

キャンプ場内のサニタリー設備!

こちらはオートサイト内の炊事場・トイレ。

オートサイト内には炊事場・流し台が計3ヶ所あります。

トイレは2ヶ所。清潔感があり、しかも洋式便座は暖房だったので夜間の使用もとっても快適でした♪

炊事場とトイレの照明は人感センサーなので、真っ暗になる夜間も安心!

管理棟・バンガロー側の炊事場。こちらには大きな石窯がありました!

流し台。作業スペースも広々♪

コインランドリーもあります。

炊事場横の男性用コインシャワー。女性用は管理棟の隣。

周辺に温泉・入浴施設が多いので今回は利用しませんでしたが、夏の川遊びにはうれしい設備ですね!

コインシャワー

料金:100円/3分

サニタリー設備棟の横には灰・炭入れも設置されていました!!

川遊び:キャンプ場の川原

「みのずみオートキャンプ場」にはキャンプ場専用の川原があります!!

ここ最近利用した、同じ天ノ川沿いの「オートキャンプ沢谷」や「オートキャンプとちお」にも同様に専用の川原があったので、このあたりのキャンプ場にはデフォルトの設備なのかもですね!

さすが関西を代表する川遊びの大人気スポットです!

「オートキャンプとちお」の記事はこちら↓

オートキャンプとちお|天ノ川を眺めながら紅葉キャンプ!
2020年10月下旬、今回は天ノ川のほとりにある「オートキャンプとちお」でソロキャンプしてきました!...

川原への入り口は管理棟前のバンガローの間にあります。

階段を降ると美しい天ノ川の川原♪

この透明度!天川村は”ごろごろ水”を始めとした名水の宝庫!

天ノ川もまさに”清流”というようなエメラルドグリーンの美しい水質です♪

流れも穏やかなので安心して川遊びできそうです。ところどころにしっかり深い場所もあり大人でも泳ぎやすそうですね!

わんぱく広場・各種イベントについて

「みのずみオートキャンプ場」には”わんぱく広場”という遊具広場があります

子どもたちが大喜びしてくれそうな可愛い広場なのですが、現在はコロナ感染拡大防止の為に閉鎖中です!※2020年11月現在

また季節に応じたイベントをたくさん催してくださるキャンプ場ですが、こちらも開催できない状況になっています。

早く”コロナ禍”が終息してくれないかな~。

〈イベントの一例〉

  • そうめん流し
  • アマゴのつかみ取り
  • 手作りこんにゃく
  • 石窯ピザ作り
  • 竹細工ランタンづくり

など、イベントの開催状況はHPの「イベント情報」のページで確認できます!!

またこちらのみのずみオートキャンプ場はホタル鑑賞ができるキャンプ場でもあります!!

夏の風物詩!みのずみオートキャンプ場周辺で見られるのは”源氏ホタル”です!6月中旬~7月初旬。

天川村一帯は林業が盛んな地域なので、カブトムシやミヤマクワガタなどの夏の虫たちも電灯に誘われて飛んできてくれますよー!

その他の注意点

  • 直火は禁止!焚き火台はOK!
  • ゴミは持ち帰りor指定ゴミ袋購入(300円)
  • テントサイトはペットOK!要リード
  • ケータイの電波はやや弱め(3/5ぐらい)
  • 消灯は22:00

周辺スポット

「みのずみオートキャンプ場」がある天川村周辺には温泉・観光スポットがたくさんあります

ですが、買い出しに便利なコンビニ・スーパー等はありませんので、事前に準備してから訪れることをオススメします!

ここではキャンプ場周辺のお立ち寄りスポットをご紹介します!

入浴①:洞川温泉

天川村にある温泉地「洞川温泉」!キャンプ場から約15分!

大峰山の麓にある温泉地で、古くから”山岳修験の里”として行者さん・登山者の拠点として栄えてきました!

標高820mの高地にある涼しい温泉地!温泉旅館・民宿が20軒以上も軒を連ねる、懐かしさを感じる温泉街を散策しましょう!

名水「ごろごろ水」の給水所や、きれいなお水で作られる特産の「豆腐」のお店もあります!

温泉旅館にも日帰り入浴を受け入れてくださるお宿がたくさんありますが、車での利用なら駐車場がある村営「洞川温泉センター」がオススメです!

名産”吉野杉”を使った内湯と川沿いの涼し気な露天風呂♪

駐車場は有料駐車場となりますが、温泉利用者は90分間のサービスとなります♪

村営「洞川温泉センター」

場所:奈良県吉野郡天川村洞川13-1

Google Mapへ!

TEL:0747-64-0800

営業時間:11:00~20:00

定休日:水曜日

料金:大人700円/小人200円

天川村公式HP:http://www.vill.tenkawa.nara.jp/tourism/

入浴②:天の川温泉

キャンプ場と同じ天ノ川沿いにある「天の川温泉」!キャンプ場から車で約10分!

こちらの温泉はいわゆる「美人の湯」の成分が多いしっとりした泉質の温泉!入浴後はお肌ツルツルになる、川沿いの涼しい露天風呂が魅力です!

こちらも駐車場は有料駐車場となりますが、同じく温泉利用者は90分のサービス♪

天の川温泉

場所:奈良県吉野郡天川村坪内232

Google Mapへ!

TEL:0747-63-0333

営業時間:11:00~20:00

定休日:火曜日

入浴料:大人700円/子供300円/幼児無料

HP:http://yamatoonsen.com/

天の川温泉のすぐ近くに「天河辨財天社」があるので入浴と併せてお立ち寄りにオススメです!!

天河辨財天は”天川村”の名前の由来となったとされる神社。

水の精・弁財天女を祀り、音楽・芸能の神様としても知られている歴史ある神社です!

散策:みたらい渓谷・みたらい遊歩道

キャンプ場からの散策スポットとして「みたらい渓谷」へのお立ち寄りもオススメ!

みのずみオートキャンプ場は、みたらい渓谷・洞川温泉へと整備されている”みたらい遊歩道”のコース上にあります!

近畿地方でも随一の美しさと讃えられる渓谷美!エメラルドグリーンの非常に美しい渓谷!

駐車場や渓谷内の様子は別記事でくわしくご紹介しています↓

みたらい渓谷|近畿地方随一の美しい渓谷を散策!
奈良県の天川村にある関西随一の渓谷美と称される「みたらい渓谷」。 今回、ブログ主は「洞川キャンプ場...

みたらい遊歩道。今回は紅葉の時期ということもありブログ主も散策してきました!!詳しくは本編で!

買い出し:道の駅「吉野路黒滝」

天川村のお隣”黒滝村”にある道の駅「吉野路黒滝」!キャンプ場から車で約15分!

天川村の施設ではありませんが、国道309号線沿いにあるため、キャンプの際の買い出し・立ち寄りに便利なスポットです♪

道の駅「吉野路黒滝」

場所:奈良県吉野郡黒滝村大字長瀬22

Google Mapへ!

TEL:0747-62-2456

営業時間(物産館):7:00~17:00

コンビニ:7:00~20:00

黒滝・森物語村HP:https://www.morimonogatari.com/

ホーム>観光案内>道の駅 吉野郡黒滝

採れたて新鮮なお野菜やお土産などの直売所!

構内には黒滝村初のコンビニ「ヤマザキショップ」もあります!

こちらのコンビニは”お弁当”も大人気ですよ!

またフードテラスでは「いのししコロッケ」や「ニジマスの唐揚げ」など名産品を使ったメニューが豊富で、買い食いにもオススメです!

キャンプレポ:オートサイト

それでは本題のキャンプレポ!

まずはキャンプ場へ向かう途中でお立ち寄り♪黒滝の道の駅に寄り道しました!

今回は10時からチェックインOK!と予約の際に聞いていたので、その時間に合わせてキャンプ場へ到着する予定でしたが、2時間ぐらい寝坊していまいました^^;

キャンプ場へ到着するのが昼前頃になりそうだったので、道の駅構内のヤマザキショップでお弁当を買って行きます♪

コンビニっぽくない木造の内装!

お昼前だったので、こちらのコンビニの”ホカホカ弁当”コーナーや道の駅のフードテラスは人がいっぱいでした!

お弁当の番号札を持って、飲食ブースで少し待ち時間。注文が入ってからの手作り弁当です♪

道の駅周辺も紅葉♪

ちょうど今の時期が見頃の最盛期っぽいですね(゚∀゚)!

少し紅葉を眺めてからキャンプ場へ出発!

道の駅から15分ぐらいでキャンプ場へ到着!チェックインしてテントを設営!

設営が一段落ついた頃にちょうど正午を知らせるBGMが村内に流れていました!

今回、ブログ主は70㎡の1番小さなオートサイトを予約していました。

これは事前に知らされていたことなのですが、この日は上流のダムなどで工事が行われていたようで、キャンプ場前の道路をダンプカーが行き来していました。

ブログ主は作業音などあまり気になるタイプではなかったのですが、管理人さんのご厚意で道路から1番離れた上段の100㎡のサイトをご用意してくださいました(*´∀`*)!!

しかも70㎡のサイトと同じ料金で!本当にありがとうございます!

100㎡のサイトに設営してみると、こんなにもスペースが余っちゃいました。広すぎる!

かなり大きめのファミリーテントを設営しても余裕がありそうなサイトですね!おそらくグランピングテントでも張れそうな感じ。

設営が一段落したので道の駅で買ってきたお弁当タイム♪

自家製チャーシュー弁当!!道の駅での1番人気のお弁当なんだそうですよ!

できたてのお弁当だからまだ暖かい(*´ω`*)

ホロッホロにほどけるトロトロチャーシューが6枚ものってる!タレもお好みで多めにしてもらえます♪

めちゃめちゃうまい(゚∀゚)!

昼食後はしばらくゆっくりして、午後からは”みたらい渓谷”へお散歩に向かいました!

みたらい渓谷へはキャンプ場の間にある道路がそのまま”みたらい遊歩道”のコースとつながっています!!キャンプ場からみたらい渓谷の入り口まで片道30分弱のコースです!

キャンプ場の広場周辺も紅葉がまだまだ見頃の時期!これは渓谷内も期待できそうですね♪

キャンプ場から道路をしばらく進むと赤い橋があります。

この橋の前にみたらい遊歩道の入り口があります!

みたらい遊歩道のコースマップ!今回は渓谷の途中まで往復することにしました。

時間があればそのまま洞川温泉まで歩くのもあり!到着後に温泉に浸かって、温泉街を散策してからバスで天川川合まで戻るといいですね!

みたらい遊歩道を歩いて行きましょう!

ここで注意点!みたらい遊歩道はしっかり整備された歩きやすいコースではありますが、天ノ川・渓谷沿いに整備されているので一部足場の悪い箇所があります。

サンダルなどでは少し心配なので、できればトレッキングシューズ、もしくは履き慣れた運動靴で歩くようにしましょう!

落ち葉の紅葉(゚∀゚)!カラフルできれい!

遊歩道から眺める天ノ川!透明度がヤバい!

せり出した岩壁沿いを歩いていく!こういう荒々しさが修験の山”大峰山”って感じ!

もののけ姫とかに出てきそう!

もう今年の紅葉も終わりかな~って予想していましたが、まだまだ色鮮やかな木々が多いですね!

山肌もこんなに色付いていました!もう少し晴れていればよかったけどな~。

まさに秋って感じの風景ですね!

みたらい遊歩道のコースもそろそろ渓谷に近づいてきました!渓谷手前で吊橋を渡る。

吊橋から渓谷の入口が見えました。それにしても揺れる吊橋だ((((;゚Д゚))))

遊歩道のゲート。

みたらい渓谷の駐車場のちょうど裏手に抜けてきました!駐車場も紅葉!

みたらい渓谷の駐車場。この日は平日だったけど満車状態でした!

この道路は天川川合の交差点から続く国道309号線ですが、国道の道幅じゃないだろっていつも思う。国道なのに対向できない道幅。

関西でも名高い?いわゆる「酷道」と呼ばれる道です。

この309号線沿いには近畿の最高峰”八経ヶ岳”を始めとした大峰山脈の山々への登山口が数多くあるので、関西で登山されている方にはお馴染みの道路です。

しかも東へ抜けると大台ケ原方面へもつながっているので意外に通行量は多かったりする。

それでは渓谷内を散策していきましょう!今回は紅葉を中心に写真撮影♪

渓谷内のくわしい情報は「みたらい渓谷」の記事をご覧ください!

吊橋の上から滝と紅葉!まさに”秘境”!

やっぱり紅葉の時期だから観光に来られている方も多いですね!

渓谷の中間地点付近の森!このあたりが1番紅葉がきれいでした!

半分ぐらいで今回は散策終了!キャンプ場まで引き返します。

みたらい渓谷内の遊歩道は下りの方が怖い!

で、みたらい遊歩道を戻ってきたのですが、キャンプ場付近まで来るとさっきまで覆っていた雲がなくなり晴れてきましたorz

渓谷散策してるときに晴れてくれよー(´・ω・`)

ちなみに渓谷散策の時間帯は、混雑を考えると午前中のほうがオススメです!!

キャンプ場に戻ってきました!渓谷への往復で約1時間30分ほどでした!

ここからはゆっくりキャンプ♪

火を起こしてのんびり焚き火を楽しみます!ブログ主が愛用しているベルモント「TABI」!

もう購入から半年を過ぎましたが、使い込んでいくとこんなにカッコいい色合いになってきました!やっぱりチタンはいいなー(*´∀`*)

ベルモント「TABI」|チタン製!超軽量な焚き火台!
最近は”第3次キャンプブーム”と言われるほど大人気のキャンプですが、そのキャンプブームは「焚き火ブー...

焚き火開始!!

夕方近くなり少し軽食!パスタを茹でて、

玉ねぎとアンチョビのペペロンチーノ!!

5時前ごろになると杉林に囲まれたオートサイトは薄暗くなり始めました!やっぱり山の中は日が沈むのが早い!

晩御飯はコストコで買ってきたソーセージのパーティパック!4種類のソーセージが入ってるやつ!

うずまきソーセージ!

こんがり焼けました!熾火でじっくり焼くと表面パリッパリ!!

ベーコンが巻いてあるやつと白いハーブ?のやつとチーズが入ったやつ!!

全部ウマい(*´ω`*)あとマスタードもウマい。

マスタードもコストコで買いました。マクドナルドのチキンマックナゲットについてるヤツと似てる。

夜間は管理棟周辺以外はしっかり真っ暗になるキャンプ場内。

この日はキャンプサイトの利用者がブログ主だけだったので、山の暗さの中で本当に静かでした!

食後はダウンロードしてきた映画や番組を見ながらまったり焚き火を眺めて過ごしました。

今回は「探偵ナイトスクープ」をアマゾンプライムビデオでダウンロードしてきたのですが、その中のエピソードで「レイテ島からの葉書」という依頼が本当にすごかったです。

依頼者は65歳の男性。父親は20歳頃に戦死。女手一つで育ててくれた母も5年前に亡くなり、その母の遺品整理をしていると出てきた2枚の「葉書」。

母が何度も読み返したであろう、文字が薄くなってしまった戦地にいる父からの葉書。

果たして戦地の父は、その当時、妻が妊娠して依頼者がお腹にいたことを知っていたのか?自分のことを知っていてくれたのか?

その謎を解明すべく、田村探偵と依頼者は葉書の解読を目指す!!

見終わったあとは感動の涙でボロボロでした。西田局長は依頼文の時点で泣いていました!笑

真っ暗な山の中で一人で嗚咽が出るほどでした。他に人がいたらすすり泣く声でちょっとしたホラーだったかも。

そういう意味でも人が少ないオフシーズン最高!笑

翌朝は朝寝坊して8時頃に起床!秋も後半なのに夜間も気温が高くて、とっても過ごしやすい夜でした!

テントを出てみるとすっきりとした青空が広がっていました!めっちゃええ天気(*´ω`*)

天気が良いので川原で日向ぼっこ。この日は日中の気温が20℃を越えるほど暖かい日でした!

テントに戻って朝食!コストコのマフィン!

てかマフィンでかすぎやろ!1個で十分でした。かぼちゃマフィンは持ち帰り。

その後、お昼すぎまでテントや寝具を干しながら、ゆーっくり撤収作業!

13時前頃までのんびり過ごさせていただき、

チェックアウトして自宅へと帰りました!

まとめ

ということで今回は天川村「みのずみオートキャンプ場」でのソロキャンプでした!

ここ最近、秋になってから天川村周辺のキャンプ場に頻繁に通っていますが、今回も大好きな大峰山の麓で自然を満喫しながらのんびりキャンプを楽しむことができました!

管理人さんのご厚意で、過ごしやすい広いサイトを利用させていただき、本当に快適でした♪

今回はみたらい渓谷をはじめ紅葉も楽しむことができ、また季節外れの温暖な気候の中で、秋らしいキャンプができました!

みのずみオートキャンプ場は専用の川原に広々としたサイトと充実した設備!シーズンによって価格が変動するので、特にオフシーズンは良心的な価格設定でお得にキャンプが楽しめます!!

天ノ川周辺でファミリーキャンプするなら絶対にオススメのキャンプ場です!!

タイトルとURLをコピーしました