SHINODA BASE|学校に泊まるワクワク感!廃校を利用した新感覚キャンプ場!

キャンプ

2021年1月中旬、今回は『SHINODA BASE』で冬キャンプ!!

お正月を過ぎてから今シーズン最強クラスの寒波が到来している近畿地方。降雪や道路凍結の情報をチラホラ耳にする機会も増えてきました!

そこで、今回は山奥ではなく、できるだけ市街地に近くてアクセスが良いキャンプ場を検索!

そこでヒットしたのが『SHINODA BASE』でした!

『SHINODA BASE』は廃校となった小学校のグラウンド・校舎を再利用して運営されているキャンプ場!”学校に泊まる”という非日常のワクワク感が楽しめる新感覚のキャンプ場です!

市街地からも近くアクセス抜群で初心者の方でも気軽に出かけられるキャンプ場♪

そんな『SHINODA BASE』の情報をまとめつつ、冬のソロキャンプの様子をご紹介します!

『SHINODA BASE』とは?

『SHINODA BASE』は和歌山県橋本市高野口町にあるキャンプ場

こちらのキャンプ場は、児童数の減少にともない廃校となった”信太小学校”の施設を利用して運営されている一風変わったキャンプ場です!

「学校に泊まる」という非日常感が楽しめる新感覚のキャンプ場となります♪

キャンプ場がある橋本市高野口町は、名前の通り日本仏教の聖地”高野山”の玄関口にある地域となります!

紀ノ川の北側に広がるエリアで、キャンプ場はその中でも見晴らしの良い高台にあります!

山麓にあるキャンプ場ですが、最寄りのインターチェンジからはわずか5分ほどでアクセス可能!!麓の国道まで下れば、入浴施設やスーパー・コンビニなどの便利なお店も非常に豊富です♪

山奥での本格的なキャンプは不安だけど、市街地の近くなら挑戦してみたい!という初心者の方でも気軽にキャンプに出かけられる立地の良さも魅力的です!

そんなアクセス抜群で、学校に泊まるというワクワク感が楽しめるキャンプ場『SHINODA BASE』について詳しくご紹介します!

『SHINODA BASE』
  • 場所:和歌山県橋本市高野口町九重87-1
  • TEL:0736-42-3932
  • 営業:通年
  • サイト:区画オート・ソロ用フリーサイト
  • チェックIN/OUT:14:00~/~翌11:00
  • 公式HPhttps://tcawakayama.wixsite.com/shinodabase

場所・アクセス

〈マイカーの場合〉

  • 京奈和自動車道「高野口IC」から約5分!(県道112号利用)

〈公共交通機関の場合〉

  • JR和歌山線「高野口駅」からデマンドタクシー※
  • 「高野口駅」→「SHINODA BASE」:200円・15分

※「デマンドタクシー」は予約型の乗合タクシー。利用される方は『デマンドタクシー 橋本市』で検索!

マイカーの場合は特に「京奈和自動車道」からのアクセスが抜群

最寄りの「高野口IC」からは県道112号線をまっすぐ北に進むだけ!!山を眺めながら1本道を進んでいくだけです♪

高速道路につながる県道なので道幅が広く運転は楽ちん♪

少し車を走らせれば校舎が見えてきます!

インターチェンジからわずか5分ほどでキャンプ場に到着です!!

チェックIN/OUT

早速チェックIN!!受付は校舎の玄関内にあります!

〈チェックIN/OUT〉

  • 宿泊:IN 14:00~17:00/OUT ~翌11:00
  • デイキャンプ:11:30~17:00

手続きを済ませると、「サイト番号票」「注意事項書類」「分別ゴミ袋」を受け取ります!

この大きなアルファベットの「サイト番号票」は車のダッシュボードなどの見やすい場所に保管しましょう!!

チェックOUTの際は、「サイト番号票」を受付へ返却します!

営業期間・予約について

〈営業期間・定休日〉

  • 営業:通年
  • 定休日:なし(なっぷのカレンダー参照)

〈お支払い方法〉

  • 当日現地決算
  • 現金○・クレジットカード○・交通系ICカード○・スマホ決算アプリ○

〈予約について〉『なっぷ』よりオンライン予約!

  • お問い合わせTEL:0736-42-3932

『なっぷ』のページ↓

SHINODA BASE
SHINODA BASEの詳細。口コミやブログ・写真などリアルな情報をチェック。アクセスや料金、営業情報など利用するのに便利な情報満載です!

キャンプサイト・利用料金

『SHINODA BASE』のキャンプサイトのご紹介です!

キャンプサイトは学校のグラウンドを利用して整備されています!

赤枠:区画オートサイト 青枠:ソロキャンプサイト

こちらは校舎の3階から見た、キャンプサイト全体です!!

SHINODA BASEのキャンプサイトは、

  • オートサイト(A・B):区画サイト・車乗入れOK
  • ソロキャンプサイト:フリーサイト・車乗入れ不可

の2タイプのキャンプサイトがあります!

校庭のフェンス沿いに区画わけされた、写真の赤枠がオートサイト!

ソロキャンプサイトはフリーサイトで、校庭の中心エリア(青枠)となります!

パンフレット記載の料金表

〈区画オートサイト〉入場料:大人500円/子ども300円

  • A(7×9m):3500円/ハイシーズン 4500円
  • B(8×9m):4000円/5000円
  • 手ぶらキャンププラン:12000円+入場料

〈フリーサイト〉入場料込み

  • ソロキャンプサイト:2500円/3000円

〈デイキャンプ〉入場料込み

  • 区画のみ:2500円/3000円

〈その他〉

  • ゴミの処理料金:+100円
  • 手ぶらBBQ:3000円/1人

オートサイトの利用料金は、『サイト料+1人あたり入場料』となります!

ソロキャンプサイト・デイキャンプは入場料が含まれます

どちらのプランもゴミの処理料金(100円)が別途必要です!

利用料金が割増になるのはハイシーズン(夏休み期間など)のみ。ハイシーズン期間の詳しい情報は”公式サイト”や”Instagram”、”なっぷ”などで期間前にアナウンスされます!

またテントや寝具・食器類などが全てレンタルできる『手ぶらキャンププラン』もご用意されているので、初心者の方でも安心してキャンプを楽しむことができます♪

利用時の注意点!

キャンプサイトは利用制限が設けられています!

「1家族5名まで」または「大人2名まで」

キャンプ場のすぐ近くに住宅があるので

騒音対策として設けられている利用制限だと思います。

近隣の方々の迷惑にならないようにご注意しましょう!

オートサイトA・B

まずは区画オートサイト

区画オートサイトはグラウンドのフェンスに沿ってロープで区画整理されています!

日当たりが良好なサイトですが、一部区画を除いて木陰がほぼなかったので、夏場はタープ必須かも!

「オートサイトA」と「オートサイトB」の違いは、サイトの広さのみとなります!

どちらの区画もファミリーテント+タープは問題なく張れる広さかと思います!

車は区画内に駐車するので、大きなワゴン・バンで乗り入れる方は、少し広めのオートサイトBの方がオススメです!!

サイトの地面は土となります!学校の校庭のイメージ通り!!

適度に柔らかくペグの刺さり具合は良好でした!!

サイトからはもちろん校舎を眺めるロケーション!!

学校に泊まるって、なかなかできない経験だと思うので、ワクワクしますよねー!

しかもグラウンドにテントを張るって非日常感があってめっちゃおもしろい!!

夏休みのキャンプ合宿みたい!

また山側のロケーションも良好!!

大自然に囲まれたキャンプ場というよりは、田舎のおばあちゃん家に遊びに来たような、のんびりとした雰囲気でした♪

ソロキャンプサイト

ソロキャンプサイトは、グラウンド中央エリアのフリーサイト

こちらのサイトは車の乗り入れ不可のサイトとなります!

ですが、とってもリーズナブルな料金で利用できるのが嬉しいポイント♪

車は校舎前の駐車場を利用します!

駐車場からはフェンスを挟みますが、サイトのすぐ隣りにあります!グラウンドまでスロープもあるので、荷物の運搬もそれほど苦にならないと思います♪

ソロキャンプの荷物ならすぐに運べちゃいそうですね!アウトドアワゴンがあれば一発!

キャンプ場の設備

受付・売店

続いてキャンプ場の設備のご紹介!

まずは受付!受付では売店も運営されています!

薪・炭・着火剤などの燃料類も販売!(薪800円・炭500円・着火剤800円)

子供たちが大喜びしそうな”駄菓子”もたくさん販売されていました♪

ホットコーヒーも1杯100円!!

受付・売店:9:00~21:00

また校舎の入り口前には自動販売機も設置されています!

サニタリー設備(トイレ・炊事場・シャワー)

次はサニタリー設備!!

水回りの設備は、グラウンドすぐの校舎の外側に集められています!

小学校のトイレそのもの!!

個室トイレの洋式便座は、暖房便座にカスタマイズされていました!!

小便器が小学生用に少し低いタイプだったことに、ほっこりしました!!

炊事場はシンプル!作業テーブルが学校の机♪

お湯は出ないタイプですが、とっても清潔に管理されていました!

またシンクの反対側には、BBQコンロなどの洗い場があります!

また水道設備はグラウンド内にも1箇所ありました!

校舎内にはシャワー室があります!

受付で料金を支払うと鍵を受け取って利用できるシステムです!

シャワー室:300円/15分

ゴミ捨て場

キャンプの際に出たゴミは分別して回収していただけます

受付で受け取った町指定のゴミ袋でしっかり分別しましょう!

空のカセットボンベも回収OK!ダンボールや余った薪なども受付で回収してくださいます!

また炊事場の前には、炭捨て場も設けられています!

学校内の施設も利用できる!図書館・遊び場・コワーキングスペース

『SHINODA BASE』では、校舎内の施設も利用できます!!学校探索が楽しい♪

2Fには図書室がありました!!図書室の本も自由に読んでOK♪

卓球台やボール投げの遊具がある遊戯室!!

オセロやトランプの室内あそび用の休憩室もありました!

外で遊べる遊具も豊富!

旧小学校を利用したキャンプ場だから、遊び道具は本当に豊富ですね♪子供たちも飽きることなく楽しめると思います!!

また3Fにはコワーキングスペースが新たに設立されました!

フリーWi-Fiも完備!備品のレンタルも充実したワーキングスペース!

「キャンプ+コワーキングスペース」のプランもあるようなので、アウトドアを愛するノマドワーカーさんにオススメです!

コワーキングスペースの詳細はキャンプ場の公式HPを御覧ください!

その他の注意点!

  • 直火は禁止!焚き火台はOK!
  • 携帯電話の電波は良好!docomo端末で確認
  • 消灯は21時
  • 夜間(21時~翌6時)は門を施錠します
  • ペットの同伴は禁止
  • ドローン・ラジコン禁止
  • 花火禁止

周辺スポット

入浴:天然温泉「ゆの里」

キャンプ場の最寄りにある入浴施設は天然温泉『ゆの里』!!キャンプ場から15分!

高野山の山麓に湧く「金水」「銀水」のお水をブレンドした泉質に優れた天然温泉!

とくに”肌の悩み”に効能があるらしく、近畿地方だけでなく遠方からもお客さんが通うほど人気の入浴施設です!

高野山を見渡す露天風呂や滝風呂、ジェットバスやサウナなど種類豊富なお風呂があります♪

天然温泉『ゆの里』
  • 場所:和歌山県橋本市神野々898
  • Google Mapへ!
  • 営業時間:10:00-22:00(受付は21時まで)
  • 定休日:第2・4木曜日
  • 入泉料:大人 1100円/小人4~12歳 660円
  • 公式HP:https://www.spa-yunosato.com/

またキャンプ場の近隣には他にも入浴施設があります!!

京奈和自動車道の各ICからすぐ近くにあるので、キャンプ場からのアクセスは抜群です!!

〈近隣の入浴施設〉

  • 『きらくゆ』橋本店:橋本東ICすぐ!
  • かつらぎ温泉『八風の湯』:紀北かつらぎICすぐ!

買い出し:国道24号沿いに多数あり

買い出しについて

『SHINODA BASE』は市街地からほど近い場所にあるキャンプ場なので、少し車を走らせると近隣にスーパー・コンビニなどの買い出しスポットが豊富!!

特に、国道24号線沿いに下ると多数のお店が並んでいます!車で5~10分圏内!!

近隣の買い出しスポット!

〈スーパー〉

  • 業務スーパー&産直市場よってって 高野口店
  • スーパー松源 高野口店
  • エバーグリーン 高野口店
  • オークワ 高野口店

〈ホームセンター〉

  • ホームプラザ ナフコ 橋本店
  • コメリ&グリーン 高野口店

〈コンビニ〉

  • セブンイレブン 高野口町大野店
  • ローソン 高野口町大野店

買い出し・観光:道の駅『くどやま』・慈尊院・真田庵

紀の川を挟んでお隣りにある九度山町には道の駅『柿の郷 くどやま』があります!キャンプ場から車で15分!

こちらの道の駅は規模が非常に大きく、施設内の産地直売所も近隣のスーパーに負けないぐらい品揃えが豊富!高野山関連のお土産品もたくさん取り揃えられています!

道の駅には他にも、レストランやパン屋さん、観光案内所(世界遺産センター)もあるので、買い出し・お立ち寄りにオススメです!!

道の駅『柿の郷 くどやま』

また道の駅から徒歩圏内には、慈尊院・丹生官省符神社など高野山に関連する史跡がたくさんあります!!

高野口町・九度山町は高野山への表参道『町石道』の起点となる場所なので、観光スポットが非常に豊富!!

これらの史跡は『紀伊山地の霊場と参詣道』の構成資産として世界遺産にも登録されています!

さらに戦国武将”真田幸村”親子ゆかりの『善名称院(真田庵)』もすぐ近くにあるので、キャンプの際にぜひ散策してみてください!

真田ミュージアムという博物館もありますよー!

高野山『町石道』の山行記事↓

高野参詣道「町石道」|その① 九度山→慈尊院→二ツ鳥居→笠木峠
2019年3月上旬に弘法大師空海ゆかりの地「高野山」まで歩いてきました! ぽかぽか暖かい日が増えて...

キャンプレポ:オートサイトA

では本題のキャンプレポ!

キャンプ場にはチェックINの時間ぴったしに到着!!

今回はオートサイトAを利用しました!

ソロキャンプサイトと迷ったけど、人が少なめの冬シーズンだったので、前日でも区画サイトが予約ができました♪

この日はブログ主を含めて3組のキャンパーさんが来られていました!

ブログ主のテントは「パンダTC+」!お隣のファミリーさんも同じテンマクの「サーカスTC」でした♪

サーカスTCいいな~。お隣さんは自立式のインナーテントをインストールしてのカンガルースタイル!

汎用性高くて使いやすそうなテントですよねー!

パンダTCもソロで完璧な広さと使い勝手だし、テンマクのテントにハズレ無しですね!

パンダTC+|スカート付きに進化!人気ワンポールテント!
テンマクデザイン「パンダTC+」を購入しました!もはや定番中の定番となっていた大人気ワンポ...

設営が一段落したので、学校探索!!

お!みかんが売ってるー(゚∀゚)!

橋本市は”みかん”や”柿”の名産地ですよねー!紀ノ川の両岸にある山の斜面は果物の畑でいっぱいです!

橋本市の公式キャラクター「はしぼう」くんも、おかっぱの柿頭!!

学校の下駄箱!近隣のマップやキャンプ場の情報が掲示されています!

小学校の下駄箱に・・・お酒の空き瓶・・・!!『獺祭』美味しいよね!!

校内を散策していきましょー!

学校の教室がそのまんま(゚∀゚)!!

今すぐにでも学校を再開できそうなほど、大切に大切に管理されているご様子!

小学生の頃にタイムスリップしたような気分です♪

黒板には信太小学校の歴史が紹介されていました!

たぶん廃校になったときに学校の子供たちが作ったやつかな?

大切にしてきたものの1位が「たくさんの笑顔」(*´ω`*)

2階にも登ってみましょう!

教室にどーんと張られているテント(゚∀゚)!

いい感じの配置♪

”手ぶらキャンププラン”でレンタルできるテントセットかな?

テントもテーブル&チェアも「LOGOS」で統一されていました!

2階の図書室!

子供の頃に夢中で読んでいた本がたくさん並んでいました!なつかし~!

音楽室や家庭科室、理科室も設備そのままに残っていました!

学校探索が楽しすぎる!!

校門の前には、信太小学校・信太中学校の石碑が建てられていました!

学校の歴史は145年で幕を閉じましたが、キャンプ場として生まれ変わって、今も姿そのままに賑わっているのがいいですよね!!

キャンプ場から出て少し近隣を散策!県道を登っていくと近くに滝があるようなので向かってみました!

3分ほど歩いていくと神社がありました!

神社の境内には大きなクスノキ!

こちらのクスノキは樹齢400年にもなるそうです!!江戸時代後期の文献にもこのクスノキに関する記述が見られるそう。

なんか145年とか400年とか、スケールが壮大!

神社の境内から少し先に川沿いへ下れる脇道があります。

ここを下るとお目当ての”嵯峨(さが)の滝”があります!

名前の由来は「嵯峨天皇がご休憩されば場所」との伝承から。

こちらが嵯峨の滝!小さな滝ですが、まっすぐ流れ落ちるキレイな滝でした!

近づいてアップで!

滝散策からキャンプサイトに戻りました!

後はのんびりしましょ!早速、焚き火開始!!

ベルモント「TABI」|チタン製!超軽量な焚き火台!
最近は”第3次キャンプブーム”と言われるほど大人気のキャンプですが、そのキャンプブームは「焚き火ブ...

少し遅めの昼食!年末年始に親戚で集まったときの残り物のお肉でソロBBQ!!

今回は鉄板焼にしました(*´ω`*)♪

鉄板焼きの焼色いいなー♪

お肉もふっくら焼けてる気がする!!

【男爆鉄板】キャンプ用「鉄板」のシーズニングと選び方!
キャンプ料理を1ランクも2ランクもアップさせてくれる魔法のアイテム「鉄板」!!ガスでの調理...

ちびちびBBQをしていると夕暮れに近づいてきました!

冬は日が落ちるのが早い!

暗くなる前に晩御飯の準備!!

昼食後のティータイム!冬にキャンプ場で飲む、暖かい飲み物は普段の5倍は美味しい!

キャンプサイトからは沈んでいく夕日がバッチリ眺められました!!

この日は夕方からしっかり晴れてくれたので、とってもキレイな夕暮れでした!

サイト内には照明がありませんが、日が暮れると校舎の設備に照明が灯ります!

しっかり光源があるので安心!

少し遅めの昼食だったので、夜も深まった8時半ごろに夕食!

今回は豚と白菜のミルフィーユ鍋にしました!

一度、火を通してから数時間冷ましたので、しっかりと味が染み込んでトロットロでした♪

冬はこれさえあれば、ご飯を永遠に食える!

食後はまったりと過ごしました!

この日はしっかりと冷え込みましたが、幸い風はほどんどなく穏やかな夜でした!

夜の学校ってなんか迫力あるよね!

ブログ主が子供の頃は映画の『学校の怪談』シリーズが流行っていたので、今でも夜の学校が少し怖い((((;゚Д゚))))

翌朝は7時頃に起床!!めっちゃいい天気!!

でもめちゃめちゃ寒い朝でした((((;゚Д゚))))

テントもパリッパリに凍っていました!

車のフロントガラスもカッチカチ!

バケツにもこんなに分厚い氷が張っていました(゚∀゚)!!

日が昇るまではかなり寒かったので、朝はテント内でご飯!

いつものようにホットサンドの準備をしてきたけれど、暖かいご飯が食べたくてカップ麺!

キャンプや登山で食べるカップ麺ってなんであんなに美味しいんだろう?

8時頃になるとサイトも朝日があたり始めました!

日に照らされると一気に気温が上がってポカポカ陽気に♪

朝日でテントや寝具を乾かして、のんびり撤収作業!

で、チェックOUTの時間のギリギリまでしっかり乾かして撤収完了!

真正面に高野山を眺めながら、自宅に向けて出発しました!

まとめ

ということで今回は『SHINODA BASE』での冬キャンプでした!

SHINODA BASEは、一風変わった学校跡のキャンプ場!子供の頃にあこがれた”学校に泊まる”という夢を叶えてくれたキャンプ場でした!

キャンプ場の設備は、学校施設が利用されていて非常に充実!アクセスも抜群でとっても快適に利用できます!

また近隣には車ですぐのところに、スーパー・コンビニ・入浴施設など便利なお店も豊富なので、キャンプ初心者の方でも気軽に安心して利用できる立地条件!

”小学校”というロケーションなので、子供たちもすぐに溶け込んで遊び回れるキャンプ場だと思います!!

大自然を満喫するというよりも、のどかな学校で子供の頃を懐かしむようなキャンプが楽しめました♪

校庭のグラウンドにテントを張るという非日常感にとってもワクワクした2日間でした!

橋本市の「神野々緑地キャンプ場」

神野々緑地キャンプ場|ゆったり流れる紀ノ川!ファミリーにオススメの河川敷キャンプ場!
2022年4月初旬、今回は『神野々緑地キャンプ場』に出かけました!神野々緑地キャンプ場は、...

タイトルとURLをコピーしました