世界遺産「熊野三山」巡り!車で回る見所満載の霊場を行く巡礼の旅!

お出かけ・観光
スポンサーリンク

世界遺産『熊野三山』を巡ってきましたー(*´∀`*)

 

熊野三山は熊野本宮大社、熊野那智大社、熊野速玉大社の3つの神社の総称。

全国に3000社以上ある「熊野神社」の総本山として「日本第一大霊験所」と仰がれ、全国からお参りする人々が訪れます。

2004年に「紀伊山地の霊場と参詣道」の一つとして世界遺産に登録されて以降、高速道路の開通や山間部の道路がきれいに整備されて、車でのアクセスが容易になりました!

※「紀伊山地の霊場と参詣道」は紀伊山地にある3つの霊場(熊野三山、吉野大峯、高野山)と参詣道(熊野参詣道、大峯奥駆道、高野山町石道)からなる世界遺産

現在は日本だけでなく世界各国から外国人の観光客の方々もたくさん訪れるようになりました。

 

ということで今回は車で熊野三山を巡ってきたので、その様子を紹介していきます!

 

熊野本宮大社

 

まずは熊野本宮大社に向かいました!

駐車場は鳥居のすぐ外に無料駐車場があります!

国道渡って向かいにある和歌山県世界遺産センターなどの施設にある駐車場も利用することができます!

 

 

熊野本宮大社

 

熊野本宮大社はその名の通り全国の熊野神社の総本社です!

紀伊山地の山深く熊野川沿いの高台にあり、紀伊山地の参詣道は本宮大社へと向かって続いています。

本宮大社は熊野三山の中でも極楽浄土へと導く阿弥陀如来が祀られていることから、信仰が深く、本宮大社だけを参る熊野詣も少なくないようです。

 

 

本宮大社の正面玄関です!

ここから158段もの石段を登って、本殿へと参拝します!

 

 

3棟4殿からなる熊野本宮大社の本殿。

本殿は国の重要文化財に登録されている、茅葺き屋根の建物でした。

観光客の方々がたくさんおられましたが、なぜか本殿は騒がしく感じず不思議と落ち着いた気分になる、神聖な雰囲気がありました!

信仰が深い場所なだけあって、自然と気持ちが整うようなそんな場所でした!

 

大斎原

 

 

本殿から駐車場へと戻り、道路を渡って和歌山県世界遺産センターから伸びる道へと入ります。

本宮大社周辺の山村風景を楽しみながら本宮大社の旧社地である「大斎原(おおゆのはら)」へと向かいます!

それにしてもいい天気だ(*´∀`)♪

 

 

大斎原への参道は、田園風景の中を一直線に伸びる美しい参道。

とても大きな鳥居は高さ33.9m幅42mの日本で一番大きな鳥居です。

実際にしたから見上げるとすごい大きさでした!

本宮大社からは歩いて10分ほど。

 

 

大斎原はかつて熊野本宮大社があった旧社地で、熊野川、音無川、岩田川の3つの川に囲まれた中洲に建っていたようです。

しかし明治時代の大洪水で水害に見舞われ、5棟12社もあった本殿がほとんど流されてしまい、現在の本宮大社へと場所が遷されました。

現在でも熊野三山の聖地とされ信仰されています。

内部はきれいな森に包まれた素晴らしい景観で、水害以前に大斎原に祀られていた神々の祠があるのみとなっています。

 

熊野本宮大社詳細

 

所在地:和歌山県田辺市本宮町1110

拝観料:境内無料 宝物殿は300円

拝観時間:6:00~19:00 宝物殿 9:00~16:00

駐車場:鳥居前20台 無料

TEL:0735-42-0009

駐車場は鳥居前以外にも和歌山県世界遺産センターの駐車場などたくさんあるので大型連休以外は十分な数の駐車場があります!

 

次は熊野本宮大社から熊野速玉大社へと向かいます!

 

熊野速玉大社

 

熊野本宮大社から車で40分~50分ほどの距離にある新宮市に熊野速玉大社はあります。

本宮大社から速玉大社への山道もきれいに整備されていて本当に運転しやすかった。

 

 

熊野速玉大社は熊野川の河口のほとりにある神倉山の巨岩に降りた神々を祀っている神社です。

新宮市は神倉山の「元宮」に対して、現在の速玉大社へと移した際に真新しい宮として建てたことから「新宮」という地名になったようです。

 

 

速玉大社の参拝道入り口。

駐車場は参拝道入り口前を過ぎたあたりに無料の駐車場があります!

そこから境内へ直接入ることができますが、あえて正面から参拝しました!

 

 

赤と緑のコントラストが美しい参拝道!

 

 

本当にきれいな境内です。

 

 

拝殿への入り口。全国熊野神社総本山と書かれた額がある門をくぐって入ります。

 

この速玉大社は「速玉」という名前からサッカーの聖地とも言われています。

サッカー日本代表(正確にはJFA)のエンブレムにもなっている三本足の「八咫烏(やたがらす)」は熊野から大和(奈良)の橿原まで神武天皇を先導した、導きの神として信仰されています。

 

 

世界遺産の石碑。

 

 

本殿へお参りします。

本殿は落ち着いた雰囲気の本宮大社の本殿とは異なり、きれいに彩られた本殿でした!

 

 

本殿にあるお守りなどを販売されているところには、サッカーのエンブレムが入ったお守りもありました(・∀・)

ナギの実を使って神職の方が手作りされる人形は縁結びや夫婦円満の縁起物として人気があるようです。

 

熊野速玉大社詳細

 

所在地:和歌山県新宮市新宮1

拝観料:無料 神宝館拝観500円

拝観時間:5:30~18:00 神宝館 9:00~16:00

駐車場:50台ほど 無料

TEL:0735-22-2533

拝観は駐車場からすぐに本殿に入れるのもあって15分ほどで参拝することができます!

トイレもあるので休憩にもいい場所でした!

 

次は熊野三山巡り最後の一社、熊野那智大社へと向かいます!

 

熊野那智大社

 

熊野速玉大社から熊野那智大社へと向かいます。

熊野那智大社は和歌山県那智勝浦町にあり車ではおよそ40分から50分ほどの距離です。

 

 

駐車場は複数あり、那智大社の参拝道に近い駐車場は有料駐車場になっています!

今回は参拝道にほど近い那智山観光センターの有料駐車場を利用しました!

料金は800円。ですが観光センターの経営するお土産屋さんで使える割引券がもらえます!

 

他にも那智大社が経営する青岸渡寺駐車場やお土産屋さんの駐車場など有料、無料様々です。

料金もばらつきがあり有料駐車場なら500円~800円ほどが相場のようです!

この駐車料金というのは本当は駐車料金ではなく那智山への通行料という名目で支払うことになります。

 

体力、時間に余裕があるなら熊野古道「大門坂」近くに無料の駐車場があるので利用されてはどうでしょうか。

熊野古道の雰囲気を楽しめる1時間ほどのコースを歩く参拝道です!

 

それでは熊野那智大社を参拝していきましょう!

 

熊野那智大社

 

 

駐車場からお土産屋さんが立ち並ぶ中を参拝道入り口へと向かいます!

 

 

 

駐車場付近から那智山の集落の山村風景がきれいに見える。

 

 

参拝道の入り口。

 

 

熊野那智大社へ向けて石段の参拝道を登っていきます!

那智大社へ参ることを那智詣というですね。

 

 

参拝道にもお土産屋さんが立ち並び、お土産屋さんのおばちゃんが声をかけてくれます。

 

 

石段を登り終えると那智大社の入り口があります。

早速境内へ入っていきましょう!

 

 

那智大社の境内。

本殿や拝殿、宝物殿などが立ち並ぶ境内です。

那智大社は那智大滝を神と崇める自然崇拝に信仰の起源があると言われています。

 

 

境内にはたくさんの人が参拝していました!

立派な本殿を含む社殿が立ち並び、那智山の豊かな自然と相まって美しい景観を見せてくれる、荘厳な雰囲気のある境内でした(*´∀`)

 

那智山は時間帯も関係あると思いますが、本宮大社、速玉大社に比べても沢山の観光客で賑わっていました。

那智大社は本殿のある境内だけでなく、他にも見どころが多いので訪れる観光客の数もやはり多い印象でした!

 

 

それでは那智山の他の見どころもご紹介しようと思います!

 

青岸渡寺

 

 

青岸渡寺は西国三十三ヶ所第一札所として定められている、全国から多くの参詣者が訪れるお寺です。

那智熊野権現を崇拝する一大修験道場として栄え、明治の神仏分離令を経て寺院となりました。

 

三重の塔

 

 

青岸渡寺の本堂後方には那智山の自然とのコントラストが美しい赤色の三重の塔が建っています。

三重塔は中を拝観することができます。料金は300円。

訪れたときは知りませんでしたが、三重の塔と那智の滝をきれいに収めることができる絶好の写真スポットがあります

ブログ主は情報を知らずに訪れてしまったので残念でした(´・ω・`)

いつかリベンジしよう・ω・

 

那智の滝・飛瀧神社

 

 

那智の滝は本堂から少し降った先にあります!

 

 

那智の滝への入り口。

 

 

美しい石畳の階段を降って、那智の滝へと向かいます!

 

 

飛瀧神社に到着!飛瀧神社は那智の滝を御神体とする神社です。

御神体が那智の滝なので本殿はありません。

 

 

今回の旅のお目当てでもありました、御神体の那智の滝。

那智の滝は高さ133mもある断崖から一気に流れ落ちる壮大な滝。

その落差は日本一!

ものすごい水量と圧倒的な高さから落ちる滝は日本三名瀑の一つに数えられているほどです!

 

 

御滝拝所へも入ることができ、滝の飛沫が降りかかるほどの間近から那智の滝を眺めることができます!

料金は大人300円/小・中学生200円です。

 

 

那智の滝・飛瀧神社の境内にはたくさんの人が滝を見に訪れていました。

圧倒的な迫力のある那智の滝は参拝の際は必ず立ち寄りたい場所です!

いや~すごかった(*´∀`*)

 

熊野那智大社詳細

 

所在地:和歌山県那智勝浦町那智山1

拝観料:熊野那智大社 無料 宝物殿拝観 大人300円/小・中学生200円

青岸渡寺 無料 三重塔拝観 300円

那智の滝御滝拝所 大人300円/小・中学生200円

拝観時間:熊野那智大社 6:00~16:30 宝物殿 8:00~16:00

青岸渡寺 5:00~16:00 三重塔 8:30~16:00

那智の滝 7:00~16:30

駐車場:有料、無料含めたくさんあります

TEL: 0735-55-0321

 

まとめ

 

熊野三山を巡る車の旅でした(*´∀`*)

 

熊野大社それぞれからは車で1時間圏内で移動できる距離にあるので午前中にスタートすれば一日で回り切ることができました!

紀伊半島の山深い場所にある世界遺産の霊場なので、本当に見どころが多く、神聖な雰囲気を満喫できた楽しい旅になりました!

 

実はこの旅はここで終わりではなく2泊3日のキャンプ旅行で、このあと熊野古道「発心門王子」を歩いたり、熊野三山の奥宮の玉置神社や十津川の果無集落、谷瀬の吊り橋と紀伊半島の山の中を回るので、その様子も番外編としてアップしていくのでよかったら見ていただければと思います!

さっそくアップしました↓

熊野三山奥宮「玉置神社」と十津川村天空の郷「果無集落」を巡る!
世界遺産「熊野三山」を巡礼した翌日は熊野三山の奥宮「玉置神社」と熊野古道「小辺路」の果無峠にある「果...
熊野古道「発心門王子コース」で世界遺産をゆったり歩く山旅!
熊野古道でも最も人気が高く歩きやすい中辺路「発心門王子」から熊野本宮大社まで歩いてきました! 熊野...

 

この日は天候にも恵まれたので本当に楽しいお出かけとなりました。

紀伊半島の魅力が詰まった旅でした♪

ではまた~(*´∀`*)!

タイトルとURLをコピーしました