蓬莱山、打見山に登山!ロープウェイでびわ湖バレイ~夫婦滝~キタダカ道

登山・トレッキング
スポンサーリンク

2018年10月中旬にびわ湖バレイを訪れました!

びわ湖バレイは関西でも有数の山岳リゾート。打見山から蓬莱山の山頂にかけてスキーゲレンデが広がり、びわ湖テラスから望む琵琶湖の絶景や、ジップラインやスカイウォークと呼ばれるアクティビティなど、子供から大人まで楽しめる大自然のリゾート地です。

打見山の山頂まではロープウェイで登ることができるので手軽に訪れることができ、沢山の観光客でにぎわいます。観光に訪れる人が多すぎて登山の格好をしていると浮きます!笑

びわ湖バレイの中で最も標高が高い蓬莱山(1174m)は比良山系でも2番目に高く(一番高い山は武奈ヶ岳1214m)、抜群の展望と山容の美しさから日本300名山の一つに数えられています!

 

ブログ主は前日に「霊仙山」に登り、そのあと「グリーンパーク山東」でキャンプして、びわ湖バレイに訪れたのですが、まさかのキャンプ場で寝坊をするという失態(´;ω;`)

びわ湖バレイのロープウェイ駅に到着した時点で、時刻は11時すぎ…。

本当はもっと早く到着して、麓から山登りする予定でしたが、時間の関係で登りはロープウェイで打見山山頂まで向かうことにしました!

霊仙山に登山!榑ヶ畑登山口からピストンでカルスト地形の広々とした山頂を目指す山旅!
2018年10月中旬に霊仙山に登りました! 霊仙山は滋賀県にある標高1094mの山。鈴鹿山脈の北端に位置し、カルスト地形の広々とした尾根道と山頂から...
滋賀の人気キャンプ場「グリーンパーク山東」に行ってきました!
2018年10月中旬に「グリーンパーク山東」でキャンプを楽しんできました! 関西にはたくさんのキャンプ場がありますが、「グリーンパーク山東」はアウト...

 

蓬莱山・打見山への登山コース!

代表的なコース

蓬莱山への登山コースはいくつかあり、その中で代表的なものでは、

  • キタダカ道 ← 初心者オススメ!
  • 金毘羅道 ← 台風の影響で荒れている!
  • 権現山~蓬莱山縦走コース
  • サカ谷道(小女郎ヶ池)
  • 比良山縦走路

などがあります。サブコースとしては夫婦滝への往復するコースや小女郎ヶ池への往復なども組み合わせることができるので、コースバリエーションは豊富です。

台風の影響で、キタダカ道や金毘羅道も含めた、蓬莱山周辺の登山コースに倒木が多く荒れてしまっているので、コース計画の際は事前にしっかり調べてから歩くようにしましょう!

 

今回の計画・想定タイム

今回は寝坊してしまった関係で、登りはロープウェイで打見山山頂駅へ向かいます。蓬莱山に登った後は、夫婦滝まで往復して打見山に戻りびわ湖テラスへ。下山はキタダカ道で歩いて下山することにしました!

  1. ロープウェイで山頂へ 琵琶湖ロープウェイ駅 → 打見山 → 蓬莱山
  2. 夫婦滝へ往復 蓬莱山 → 夫婦滝 → 打見山(びわ湖テラス)
  3. キタダカ道で下山 打見山 → クロトノハゲ → 天狗杉 → 駐車場P11

想定タイムは、

  1. ロープウェイで山頂へ 30分~40分
  2. 夫婦滝へ往復 2時間30分~3時間
  3. キタダカ道で下山 1時間30分~2時間

全体では4時間30分~5時間30分ほどと想定して計画しました!

 

アクセス・駐車場

アクセス

マイカーで訪れる場合は湖西道路「志賀I.C.」で下車。県道558号線経由で「びわ湖バレイ口」から山麓駅へ。

ナビの設定は「びわ湖バレイ」でOK!

公共交通機関を利用する場合は、最寄り駅のJR湖西線「志賀駅」から、江若交通の路線バスに乗って約10分でロープウェイ駅です!

所在地:滋賀県大津市木戸1547-1

TEL:077-592-1155

「びわ湖バレイロープウェイ山麓駅」駐車場

 

びわ湖バレイ口から車で上がるとゲートがあるので、こちらで料金を支払います。

駐車料金は、

平日:1,000円(バイク500円) 土日祝とお盆:2,000円(バイク1,000円)です。

料金を支払って、駐車場内へ。約1700台駐車可能な広い駐車場です!

キタダカ道を歩く場合はP11駐車場がオススメ!

キタダカ道を歩く場合は、「P11」駐車場を利用しましょう!

ロープウェイ駅へはすこし登らなければなりませんが、駐車場端にキタダカ道の登山口があるので、登山には便利です!

登山口には登山者カードのポストもあります!

びわ湖バレイロープウェイの詳細

びわ湖バレイロープウェイはおよそ15分間隔で運行されます!

営業時期:4月下旬~12月初旬

営業時間:9:30~17:00 上り最終16:30 降り最終17:00

料金(往復):大人2,500円 小学生1,000円 幼児600円

ブログ主のように片道だけロープウェイを利用する登山者用に片道券も販売されています!

料金(片道):大人1,400円 小学生600円 幼児400円

※上り片道券の販売は14:30までなので注意!

 

蓬莱山、打見山に登山!

ロープウェイで山頂へ!

ということでここから登山の様子をご紹介します!

受付で料金を支払いロープウェイで打見山へ。片道券を購入すると受付の人に「登山道荒れてますから気を付けて歩いてくださいね~」ご忠告いだだきました!

けっこう人が多くてロープウェイは満員状態。この日は天気があまり良くないけど観光客でいっぱいです。登山の格好で訪れているのはブログ主だけだったのでかなり浮いてました!笑

結局、ロープウェイからの景色はガスで真っ白でした(´;ω;`)

打見山山頂に到着!山麓駅から打見山山頂駅まではロープウェイで約4分。

このびわ湖バレイロープウェイは秒速12m。日本にあるロープウェイの中では最速です!!

ガイドのお姉さんが紹介されていました!天気が良ければ速さも実感できたのに…。

正面に見える建物が「びわ湖テラス」です!展望台のテラスから琵琶湖が一望できるのですが、この時間帯は天気が良くなかったので、帰りに立ち寄ることにしました!

正面に見える蓬莱山へ向かいます。

おっ!!これがジップラインですか!!至る所でジップライン参加者が練習したり講習を受けたりしていました!

楽しげな声が周りから聞こえてくる(・∀・)

蓬莱山の山頂へはリフトを利用して登ることもできますが、

ブログ主はもちろん歩いて登ります!

そりゃ登山の格好なのにリフト乗るのもあれなので歩きましたよ!

振り返るとガスが…。

このゲレンデの登りが地味にきつかった^^;

展望台に到着!琵琶湖側はご覧の通り真っ白で何も見えず…。

前日に訪れた「霊仙山」もガスだったので、予想はしていましたがガッカリ(´・ω・`)

リフトの終点まで登りました!

するとのっぺりとした、

蓬莱山山頂に到着です!

南側に続く権現山への縦走路も琵琶湖側からガスが登ってきました。

でも京都方面は思いの外、遠くまで見渡せます。

三角点にタッチ!

山頂広場にある「彼岸の鐘」。プレート上の丸い部分にうっすらお地蔵さん?のような影が見えました。

この縦走路も天気が良ければ気持ちい登山道なんだろうな~。琵琶湖を眺めながら歩くことができるんでしょうね。

北に続く、比良山地の山並み。お父さんに肩車してもらって楽しそうな親子でした♪

うわ…。ガスが濃くなってきた。

山頂からの展望はしばらく期待できそうにないので、ゲレンデを下って、夫婦滝へ向かうことにしました!

 

夫婦滝へ往復!

ここから夫婦滝へ向かいます。

びわ湖バレイ内には夫婦滝への道標がなくて、少し分かりづらいかも!ジッブラインのワイヤーの下をくぐって、下っていく林道を進みます。

キタダカ道を含めて登山道はすべてびわ湖バレイの管轄外です。なのでびわ湖バレイ内には登山道の案内は基本的にありません!

しばらく林道を下ると、ゲレンデのリフト乗り場があります。帰りはゲレンデを登って打見山への戻る予定です。

ここでようやく、夫婦滝への標識があります。汁谷の沢沿いを進むコースなので、散策気分で進むのは危険です。しっかり計画してから歩くようにしましょう!

イワナ橋という小さな橋を渡って、林道を進むと、

木の板の橋がありました!

この橋は乙女橋というみたいですね。乙女と名前の割には少し足元が怖い橋でした^^;

乙女橋を渡ると、登山道らしい道になります。やっぱりけっこう倒木が多い。

沢沿いのコースなので、やっぱり台風の影響を受け易いんですかね。

季節的に紅葉まではまだ少し早そうです。

橋が流されている!!登山道を川を渡って向かい側。

この流されている橋は天神橋。すこし上流側から渡りました。

このコースは上り下りはあまりないので、道自体はなだらか。

途中にクマアナ川という川が流れ込んでいました。クマ出るのかな…(・(ェ)・)?

レスキューポイントの看板もありました。9月ぐらいにこの汁谷の下流にある明王谷付近で、登山者が川に流され遭難する事故のニュースを観ました。

沢沿いのコースは事故が多い印象があるので、十分に気を付けて歩く必要があります。

そんなことを考えていると、少しずつ道が狭くなってきました。

この日はそれほど川の流れが速くないですが、それでもできるだけ慎重に歩きました。

途中に出逢ノ滝と書かれた石碑が。どれかな~とあたりを見渡すと。

ん?あの川のこと?ブログ主にはどれかわかりませんでした!笑

ん~それにしても全然人に合わないな~(´・ω・`)少し不安になる。

台風の影響で道が崩れている箇所もあります。

こういう切り立った場所もありますが、見ためよりは全然歩きやすい。

白鬚ノ淵。

倒木が多いね。

炭焼跡。こんな谷の深いところで?

他に人のいない静かな渓流歩きも気持ちいいですね♪

コースも終盤に差し掛かって、ロープの張られた渡渉箇所があります。

足を濡らさないように慎重に。

この渡渉箇所にも橋があったようですね。でも彼岸橋とは…少し怖いよ…。

渡渉箇所を過ぎて川沿いを進むと、

夫婦滝の手前。休憩小屋がありました!ここでほっと一息♪

ここではワサビ谷から坊村へと続く伊藤新道と牛コバへ至る白滝谷コースの分岐があります。

ここから夫婦滝へはもうすぐです!

夫婦滝方面に進むと、ごーっと滝の流れる音が聞こえてきます。

5分ほどで、滝見台に到着。

そして今回の目的地「夫婦滝」に到着です!

落差35mの2本の滝が流れていましたー(・∀・)結構迫力がありましたよ!滝壺の方へも降れそうでしたが、かなり急なのと万が一のときに周りに人がいないので、やめておきました^^;

ここでしばらく滝を眺めて過ごしました。蓬莱山からここまでは1時間ほどの渓流歩きでした♪

しばらく夫婦滝を堪能して、打見山へと戻ります。

帰りは同じ道ですが、慎重に帰っていきます。

倒木が少し多かったですが、とってもきれいな渓流で夏なんかは涼しくて気持ちいいんでしょうね~(*´ω`*)

滑りやすく細い箇所は慎重に。

途中、崩れている箇所を歩くときは注意!ブログ主が足を掛けると少し崩れちゃいました。

ということで乙女橋まで戻ってきました!結局誰とも会うことはありませんでした。

ここからゲレンデを登って、打見山へ。

この日計画したコースの中で登りは打見山までの登りで最後!もうひと踏ん張りです!

お!あれがびわ湖テラス。

ゲレンデから比良山地方面。

あれが武奈ヶ岳ですね!

武奈ヶ岳に登山!御殿山コースからコヤマノ岳周回コースで展望抜群の比良山系最高峰に登ってきました!
2018年8月下旬に武奈ヶ岳に登りました! 武奈ヶ岳は京都府と滋賀県の県境に位置する比良山地の最高峰で標高は1214m。 200名山の一つに数えら...

現在改築中のびわ湖テラス。なんか20世紀少年に出てきた、地球防衛軍の基地みたい!笑

最後に比良山地方面を振り返る。北側の天気はだいぶ良くなってきました(*´ω`*)

びわ湖側の景色はどうかな?

ということで打見山山頂駅に戻って来ました!

すこし登山道は荒れ気味でしたが、夫婦滝は迫力もあって、汁谷の渓流もきれいだったので行ったかいがありました♪

夫婦滝までの往復は2時間ほどの道のりでした!

 

びわ湖テラスからキタダカ道で下山!

天気も少し良くなってきたので、びわ湖テラスへ。

おお!曇ってはいるけど、びわ湖がきれいに見えるぞ(*´ω`*)!

対岸までしっかり見渡せます!

うっすらですが前日に登った霊仙山も確認することができました♪

今年の夏にオープンしたNorthTerrace(ノーステラス)。ラウンジやカフェもオープンしたのでカップルが多かった。

1人身のブログ主はここからキタダカ道で下山します。

入り口は打身山リフト乗り場の横にあります。

けっこう晴れてきた♪

キタダカ道の注意書き。こちらのコースも倒木が多いみたいですね!ロープが張ってあるので、跨いで通過します。

降り始めは少し急。

少し下ると天命水という湧き水があります。

ロープウェイを真下から見上げる。

山腹はすこし道が狭いですが、危険は感じませんでした。

小さな鳥居がありました。

ここから今日一番のびわ湖の景色が見えました♪少し晴れ間も見え始めた(*´ω`*)

広場のようなところを通過して、

ここからすこし急な下りが始まります。

ここを下って、

少しザレた箇所もあるので滑らないように注意。

急なザレ場を下ると、

下山開始から15分ぐらいでクロトノハゲに到着!

ここから木戸峠に向かう比良縦走路がありますが、現在ロープが張ってあり通行止めの様子。

少し開けたザレ場がありました。登ってみると、

びわ湖テラスを見上げることができます。改修作業しているけど、あそこからはかなり高度感があるんじゃないかな?高所恐怖症のブログ主はあそこで作業できる気がしない(´・ω・`)

プチケルン♪

ここからは林道の中を歩きます。

ん?何だこれは?

登山道すぐ上の岩が今にも落ちてきそうで怖いよー((((;゚Д゚))))

おー見事にポッキリ折れてる!

ここが先程のキタダカ道入り口にあった注意書きの倒木箇所かな。くぐったり跨いだりするときに怪我しないようにね!

途中に天狗杉と呼ばれる巨大なスギがありました!このあたりも荒れてるな~。

この天狗杉周辺がキタダカ道の中では特に荒れている様子でした。それ以外はとても良く整備されていて、所々に案内板が設置されているので歩きやすいコースと言う印象です。

天狗杉を過ぎると登山道にすこし日差しが。このあたりはかなり歩きやすい♪

しばらくつづら折りに下っていくと、

登山道は歩きやすい林道になります。

林道途中に分岐。左へ行くとJR志賀駅方面です。ブログ主は真っすぐ進んでロープウェイの駐車場方面へ。

キタダカ道の林道入口に到着です!駐車場まではあと少し!

ここを進むと、

キタダカ道の登山口があり、

ロープウェイの駐車場に到着です!

キタダカ道の下山は1時間30分ほどでした~!途中、天狗杉付近は倒木が多かったですが、全体的に歩きやすく、迷うような箇所もない登山道でした。

蓬莱山を見上げると少し晴れ間も出てきましたね(・∀・)

天気も良くなってくれたおかげで、びわ湖を見ることができていい山旅でした♪

 

まとめ

 

この日は朝からキャンプ場で寝坊するというハプニングに見舞われましたが、時間帯がズレたおかげで、帰り際にびわ湖を眺めることができて結果オーライでした♪

夫婦滝への登山道は途中に橋が流されてなくなっている箇所があり、沢沿いの狭い岩場を歩かなければならないので少し危険もある印象でしたが、夫婦滝は落差、水量もあって迫力があり、がんばって歩いたかいがありました(*´ω`*)

キタダカ道は天狗杉周辺だけ倒木が目立ちますが、それ以外はとてもよく整備されていて、所々に案内板が設置されているので安心して歩くことができます!

コースタイムは全体で4時間ちょっとといい感じのペースで歩くことができました!

びわ湖テラスからの景色は曇り空でイマイチでしたが、天気が良ければ、びわ湖を一望でき、運が良ければ雲海も見ることができるので、滋賀県に観光するなら訪れることをおすすめします!

以上!びわ湖バレイから蓬莱山、夫婦滝への登山の様子でした♪

ではまた~(^_^)/~

タイトルとURLをコピーしました