「ローストビーフ」をクッカー1つで超簡単に作る方法!

アウトドアレシピ
スポンサーリンク

11月の末に、京都の木津川沿いにある「笠置キャンプ場」でソロキャンプに訪れました!

キャンプをすると、やっぱり楽しみなのがお外で食べるご飯ですよね(*´∀`*)

大人数でのキャンプならやっぱり仲間みんなとBBQを楽しんだりするのが定番だと思います。ですが今回はブログ主一人のソロキャンプ。

正直、一人分のご飯のために、炭に火をおこしてBBQすると、手間もかかるし後片付けが大変なんですよね…。

でもやっぱりキャンプ場ではお肉が食べたい!

ということで今回は、

クッカー1つで簡単に作ることができる「ローストビーフ」のレシピ

をご紹介します!

「笠置キャンプ場」の記事も良ければ一緒に読んでくださいね!

笠置キャンプ場|京都の木津川沿いにあるキャンプ場!
2018年11月下旬に京都府の木津川沿いにある「笠置キャンプ場」でソロキャンプしてきました! いよ...

 

クッカー1つで作る「ローストビーフ」のレシピ!

ローストビーフの材料

ローストビーフの材料(一人前)

  • 牛もも肉 150g (部位、量はお好みで!)
  • 塩 こしょう 適量
  • ガーリックパウダー 適量
  • オリーブオイル 大さじ1

お好みで

  • バター 1かけ

今回はバターで風味付けしました♪他にも香り付けにローズマリーなどの香草をプラスしてもいいですね!

お肉は近所のスーパーで特売していたアメリカ産の赤身肉。安く手に入ってラッキーでした♪

 

調理器具

  • クッカー (蓋付きのお湯が沸かせるものならOK!)
  • ジップロック Mサイズ 1枚

調理器具はこれだけ!

このレシピではフライパンは必要ありません!ですが、もし焼き色を付けたい場合は、フライパンを使ってもいいですね。

 

下ごしらえ(前日に自宅で):所要時間5分!

キャンプ場に行く前に自宅で下ごしらえしておくと、現地での行程がスムーズです!

今回のレシピでは前日の夜に下ごしらえしました!

ですが、下ごしらえはとっても簡単なので、当日の朝、自宅を出発する前でも、キャンプ場でもOKです!

①まずはお肉の表面に浮き出た血をキッチンペーパーなどで拭き取ります。

時間がある場合は、前日からキッチンペーパーでくるんでおいてもOK!

 

②塩、こしょう、ガーリックパウダーをまんべんなく振ります。

通称「SPG」と呼ばれる、お肉料理の定番の調味料ですね!

(S:ソルト P:ペッパー G:ガーリック)

 

③調味料を振ったら、オリーブオイルでコーティングしてマリネします!

 

④お肉と風味付けのバターをジップロックに入れて、中の空気を抜き、真空状態にする!

香り付けに、にんにくやローズマリーなどの香草を使う場合は一緒にジップロックに入れればOKです!

これで下ごしらえは終了です!

 

「ローストビーフ」をキャンプ場で調理する!

ということで、場所はキャンプ場。「笠置キャンプ場」です!

真空パックにすると、そのままクーラーボックスに入れられて楽ちんですね!

ではでは調理していきましょう!

①まずはクッカーでお湯を沸かします!

クーラーボックスにお肉をそのまま入れておくと、お肉が冷たいままなので、お湯を沸かしている間に、クーラーボックスから出して常温に戻しておくといいです!

 

②お湯が沸いたら、すこしだけお水を足して、温度を下げます!

すこし温度を下げてあげることで、お肉にじっくり熱が入り、しっとりした食感に仕上がります!

あまり高温だと表面が固くなってパサパサした食感になってしまうので注意!

 

③お湯にジップロックごとお肉を投入!

 

④後は蓋をして、中までしっかり熱が入るまで1時間ほど保温!調理工程はこれで終了!

この調理法では火が入りすぎるということが無いので、保温している間はキャンプを楽しんだり、仲間と遊んでいてもOK!完全放置で大丈夫!

この調理法は以前紹介した「サラダチキン」のレシピでも同じ方法でした!

キャンプ場で作る「サラダチキン」のレシピ!クッカー1つで簡単調理♪
先日、滋賀県にあるキャンプ場「グリーンパーク山東」でキャンプしました♪ そのとき、晩ごはんに作った...

寒い季節だとお湯の温度がすぐに下がってしまうので、タオルなどでくるんであげると、より保温が効くのでおすすめ!

 

1時間ほど放置して取り出してみるとこんな感じ。

 

食べる時間になるまで、タオルなどでくるんでお肉を休ませてあげるとよりいいです!

 

これでローストビーフが完成しました!

 

ここからは蛇足です!この状態でも中までしっかり火が通っていますが、今回はフライパンもキャンプ場に持ち込んだので、焼き色を付けたいと思います!

⑤焼き色をつける!フライパンに油を熱して、

お肉を投入!!

火はもう通っているので、表面が固くならないように、焼き色は短い時間でサッと付けていきます!だいたい片面15秒ぐらい!

いい感じに焼き色がつきました!

お肉を切ってみると…。

美しいピンク色(゚∀゚)!!

お肉を切ったときは、やや白っぽく、空気に触れて徐々にピンクに発色すれば、お肉にしっかり火が通っている証拠です!!

盛り付けるとこんな感じ。

今回のソースは市販ソースに、ジップロックの中に残った肉汁を入れて煮詰めたもの♪

うまそーだ(*´ω`*)!

ではではさっそく実食です!

今回は付け合せにお味噌汁、ウインナーとじゃがりこで作ったマッシュポテトを添えてみました!

「じゃがりこマッシュ」はキャンプでも登山でも最強の簡単レシピかもしれない!
「じゃがりこ」といえば、スナック菓子の定番ですよね!登山のおやつとしても人気があって、ブログ主もよく...

じゃがりこマッシュとお肉の相性も抜群です(*´∀`*)!!

低温調理でお肉に火を通したので、中までしっとり柔らかい♪特売の安物のお肉だとは思えないほど柔らかかった(゚∀゚)!

ビールとよく合うぜ♪

ふ~ごちそうさまでした~(*´∀`*)

この調理法なら、自宅でちょっと下ごしらえするだけの簡単レシピなので、キャンプ場はもちろん、山でのテント泊でも活躍できそうです♪

とっても大満足なブログ主でした~(*´ω`*)

 

まとめ!

 

ということで今回はクッカー1つで簡単に作れる「ローストビーフ」のレシピでした!

このレシピは低温でじっくり火を通すことができるので、仕上がりがしっとり柔らか♪クッカーさえあれば、キャンプ場はもちろん、様々なアウトドア環境でも簡単に調理することができるので、お外での調理に本当にオススメです!

調理時間も下ごしらえと併せても、実質10分ほど。火を通している間は、完全に放置状態でも失敗する心配がなく、他のことを楽しんでいたら、忘れた頃にちょうど食べごろになるので、ソロキャンプでは特に良いですね!

実際はブログ主は火を通している間は、キャンプ場近くの温泉へ行ってました♪

片付けもジップロックを捨てるだけなので超楽ちんです!

キャンプ場での料理に悩んでいたら、参考にしてもらえたらと思います(*´∀`*)!

ではまた~(^_^)/~

 

タイトルとURLをコピーしました