蛇谷ヶ峰に登山!くつき温泉てんくうから琵琶湖が一望できる展望の山へ!

登山・トレッキング
スポンサーリンク

2018年9月下旬に蛇谷ヶ峰に登りました

蛇谷ヶ峰は滋賀県、比良山地の北部に位置する標高902mの山。

比良山地の中でも特に展望がよく、北東に琵琶湖やリトル比良、西に京都北山の山並み、南に武奈ヶ岳へと続く比良山地が一望できるので、その展望の広がる景色を楽しむためにたくさんの方が訪れる人気の山です。

蛇谷ヶ峰には四方から登ることができますが、特に西側の麓からのアクセスが良く、短い時間で手軽に登ることができるのも人気の理由です。

また冬は初心者向きの雪山として沢山の人でにぎわいます。

追記:冬も登ってきましたー!

蛇谷ヶ峰に登山!琵琶湖を眺めにくつき温泉から残雪期の山登り!
2019年2月下旬に比良山地の蛇谷ヶ峰に登ってきました! 今年は暖冬の影響もあって、2月も終わりに...

 

登山コース・想定タイム

代表的なコース

蛇谷ヶ峰へのコースはいくつかあって、その中でも代表的なものだと、北から、

  • 朽木スキー場コース
  • くつき温泉てんくうからのコース←初心者オススメ
  • 朽木いきものふれあいの里コース←初心者オススメ
  • カツラの谷コース←登山道崩落のため通行止め
  • 西尾根コース
  • 比良山縦走路

などがあります。

特に人気があるのが、西の麓にある「くつき温泉てんくう」からのコースで下山後そのまま温泉に入ることができるのでオススメです!

以前は朽木いきものふれあいの里からスタートする方が多かったのですが、いきものふれあいの里センターが営業を終えてしまったので、駐車場が利用できなくなってしまいました。

カツラの谷コースはいきものふれあいの里センター付近で登山道が崩落しているので現在通行止めとなっています。

 

今回のコース・想定タイム

今回はくつき温泉てんくうからのコースで山頂を目指します。このコースは552mの分岐で朽木いきものふれあいの里コースと合流します。

単純往復するよりも変化が生まれると思い、下山は552mの分岐から朽木いきものふれあいの里コースで下山します。

  • くつき温泉→登山口→552m分岐→カツラの谷分岐→蛇谷ヶ峰
  • 蛇谷ヶ峰→552m分岐→朽木いきものふれあいの里→くつき温泉

想定タイムは

  • くつき温泉~蛇谷ヶ峰 2時間~2時間30分
  • 蛇谷ヶ峰~いきものふれあいの里 1時間~1時間30分

休憩を含めて3時間30分~4時間30分ほどのコースとして計画しました!

 

駐車場・アクセス

駐車場

今回はグリーンパーク想い出の森「くつき温泉てんくう」の駐車場を利用させていただきました。

とても広い駐車場で下山後に温泉に入ることができるので、利用される方も多いです!特に露天風呂の「てんぐ風呂」は大きな天狗の口の中に入って温泉を楽しむことができるので、お子様連れの方にもオススメ!

グリーンパーク想い出の森は温泉やプール、野球場やサッカーコートなどのスポーツ施設、宿泊施設などを兼ね備えた複合リゾート施設なので観光客の方にも人気です。

 

グリーンパーク想い出の森「くつき温泉てんくう」の詳細

所在地:滋賀県高島市朽木柏341-3

営業時間:10:00~21:00(20:30受付終了)

温泉料金:大人(中学生以上) 700円/小人(3歳以上) 350円

TEL:0740-38-2770

公式HP:https://gp-kutsuki.com/

 

アクセス

 

くつき温泉てんくうへはマイカー利用が一般的です。国道367号線(鯖街道 若狭路)から案内板に従って、進みましょう。

ナビの設定は「くつき温泉てんくう」で大丈夫だと思います!

 

それではくつき温泉てんくうの駐車場から登山の様子をご紹介していこうと思います!

 

蛇谷ヶ峰登山

くつき温泉てんくう~蛇谷ヶ峰

くつき温泉てんくうの入り口。名物の天狗がお出迎え♪

思っていたよりも早く駐車場に到着してしまったので、まだ朝の6時前。でも天気が良さそうでよかった(*´ω`*)

駐車場には綺麗なトイレもあります。

登山口へはこちらの道を進みます。

登山者カードのポストもあるので、きっちり提出してから出発しましょう!

施設内をバンガローがある方向に進みます。帰りは右にあるつり橋登山道から駐車場に戻ってくる予定です。

バンガロー前の道を通って先へ。車が停まっているので宿泊されているお客さんがいるのかな?

ロープが張ってありますが、これは車止めのロープ。登山口はこの先なので登山者は通って大丈夫です。

貯水タンクかな?

しばらく林道を進むと、道の脇に登山口があります。ここから登山スタート!

登り始めはなだらかな登り。このコースは552mの分岐以降に少し急な登りが続くコースなのでのんびり歩くと良いですね。

いいお天気で美しい自然林を日が照らします。

しばらくなだらかな道を進んでいくと、

少し降りがあって、谷の方へ登山道が続きます。

苔むした小川。今年は台風が多いからなのか残暑があまりきつくありませんでしたよね。この沢沿いは少しひんやりと涼しかったです。

小川を渡ります。

小川を渡ると、ここからは階段の登りをつづら折りに進みます。

途中、木のデッキが崩れている箇所がありました。

かなり崩れているな~(´・ω・`)板の表面が湿っているので、かなり滑りやすかったです。ここを通るときは足元に注意が必要。

デッキを過ぎてからしばらく階段の登りを進むと、分岐があります。

ここが552mの分岐の地点です。朽木いきものふれあいの里からの登山道とはここで合流。降りはそちらに進みます。駐車場からここまで40分ぐらいで到着しました。

分岐からもしばらくはなだらかな広い登山道。

台風の影響なのかこのあたりから少し倒木が目立ちます。

あっ!倒木からきのこが生えてる(´゚д゚`)!4人家族のかわいいキノコでした♪

しばらく進んで670mの地点。ここから山頂までは1kmと距離はありませんが、

ここからは階段の急坂が続きます。しっかり整備されている階段ですが、一段一段がけっこうキツい^^;

登っていくと、ベンチがありました!

ここはカツラの谷コースとの分岐。カツラの谷ルートは現在登山道が崩落しているので通行止めです。でも看板を読んだ感じでは柏集落方面へは降れるのかな?

ベンチから北側に琵琶湖が見えましたー(*´∀`)天気も良さそうだし、これは山頂からの展望も期待できるぞ~!だいたいここで8合目ぐらいの地点。山頂まではもうちょっとです。

稜線に出るまでは登りが続きます。

天気もいいし、きつい登りも楽しい気分で登れました♪

稜線まで登りきりました!

正面側が朽木スキー場方面。

山頂はこっちです!ここから少し登れば山頂です!

だんだん視界が開けて来ました。

おっ!

蛇谷ヶ峰山頂に到着です!くつき温泉からここまで1時間20分ほど。思っていた以上にあっという間に登れました。

さぁお待ちかねの展望です。まずは琵琶湖!すっごいいい天気!!

北側は高島から奥琵琶湖方面も見渡すことができます!

西側の麓の集落と京都北山の山並み。

武奈ヶ岳方面。山頂にだけ雲がかかっていました。しばらく待てば山頂も見えそう。

武奈ヶ岳に登山!御殿山コースからコヤマノ岳周回コースで比良山系最高峰へ!
2018年8月下旬に武奈ヶ岳に登りました! 武奈ヶ岳は京都府と滋賀県の県境に位置する比良山地の最高...

伊吹山も琵琶湖の対岸に確認することができます!

伊吹山に登山!上野ルートをピストンで好展望の「花の百名山」へ!
2018年5月下旬に伊吹山に登ってきました! 6月に入ると近畿地方は梅雨時期に突入しちゃうので、そ...

それにしても本当に晴れてよかった(*´∀`)9月の関西地方はずっと雨が続いていたので、ひさしぶりの快晴です!

この日の山頂は風も穏やかでぽかぽか温かい過ごしやすい一日でした♪山頂でしばらくのんびり景色を楽しみながら休憩することができました(*´ω`*)

高島市の街並み。田んぼがまだら模様の色とりどりでおもしろい。

おっ!南側に続く比良山地も晴れてきました!

武奈ヶ岳の山頂も雲が通り過ぎてしっかり見渡すことができました♪

結局、山頂で1時間以上のんびり過ごしました(*´ω`*)

ぽかぽか陽気だったのでレジャーシートを敷いて、寝そべりながら山頂からの景色を堪能できました♪山頂の足元は芝生でふかふかだったので気持ちよかったー!

くつき温泉てんくうからの登山道はよく整備されていて歩きやすく、少しだけ階段の登りがキツいですが、距離も短くて道迷いの心配もなさそうです。登山というよりはハイキングコースですね♪

 

蛇谷ヶ峰山頂~いきものふれあいの里~くつき温泉てんくう

のんびり休憩できたので、山頂を後にして下山します。まずは552mの分岐の地点まで降ります。

552mの分岐。あれ?557mって道標に書いてある!地図では552mなんだけど(´・ω・`)

道標に従い、朽木いきものふれあいの里方面へ降ります。

最初はなだらかな歩きやすい登山道。

しばらく階段を降っていくと、

倒木だらけの少し荒れたと様子。

台風の影響ですかね。この辺り一帯に倒木がたくさんありました。

倒木が多い箇所を抜けると、ここから下り。

少し降るともう登山口です。ほんとうにあっという間でした!

山頂からは40分ちょっとで降ってくることができました。

ここから朽木いきものふれあいの里までは平坦な道を進みます。

途中にセラピーロードという名前の道があったので進んでみました。

「不屈の一本松」という立派な松の木がありました。ここから先に道が続いているはずなのですが、少し荒れていて道が分かりづらかったので、先程の入り口に戻りました。

先程の分岐に戻り、いきものふれあいの里に向かいます。

しばらく進むと広場のような場所に出ました。ここにセラピーロードの出口もあったのでここに続いていたんですね。

ここはキャンプ場かな?

トイレや管理棟もあったのですが営業されている様子はなく、このトイレも使える状態ではありませんでした。

キャンプ場を過ぎると道路に出てきました。たぶんこのあたりが朽木いきものふれあいの里センターがあったところだと思います。

車道をすこし進むと、右手にくつき温泉への分岐があるのでこちらを進みます。

看板もあるのでわかりやすい。

ここにも倒木がありました。今年は大きい台風が多かったですもんね~。

このあたりの木々はモミジが多い印象でした。紅葉の時期歩くと良いかも!

途中の吊り橋。

吊り橋から蛇谷ヶ峰山頂を振り返る。

くつき温泉まであとすこし!

最後の登り。

登りで通った道と合流。

そして無事下山。山頂からは1時間と少しで戻ってくることができました!下りのコースは少し倒木がありましたが、それ以外は非常に歩きやすいコースでした。

温泉に入ろうと身支度しましたが、早く下山しすぎたのかまだ営業時間前でした(´・ω・`)

付近をしばらく散策して時間を潰してから、温泉に入りました。疲れた体がリフレッシュされてとっても気持ちのいい温泉でしたよ(*´ω`*)天狗の露天風呂が印象的でした♪

帰りに立ち寄った道の駅「くつき新本陣」

京都と小浜を結ぶ鯖街道「若狭路」の中間地点にある道の駅です。

くつき新本陣の裏手には安曇川が流れていて、真正面に今日登った蛇谷ヶ峰を望むことができます。

安曇川沿いののどかな風景でした~(*´ω`*)

 

まとめ

コース全体ではおよそ3時間30分ほどの行程でしたが、山頂で1時間ほどゆっくり過ごしたので、行動時間は実質2時間30分ぐらい。想定していたよりもかなり短時間で歩くことができました。

くつき温泉からのコースもいきものふれあいの里への下り道も、どちらも非常によく整備されていて安心して歩くことができ、道標もしっかり設置されているので道迷いの心配もなく、初心者でも歩きやすい登山道という印象です。

強いて挙げるなら、552m分岐手前の木のデッキが崩落している箇所が滑りやすいのと、登山道に倒木が多い印象があるぐらいですかね。

この日は天候に恵まれたのもあって、山頂からは美しい琵琶湖が目の前に広がり、比良山地や京都北山などの山並みを見渡すことができて、蛇谷ヶ峰の魅力を堪能できました(*´ω`*)

今回は琵琶湖が一望できる展望の山「蛇谷ヶ峰」を訪れる山旅でした~♪

ではまたー(@^^)/~~~

 

タイトルとURLをコピーしました