潮岬望楼の芝キャンプ場|本州最南端の無料キャンプ場

キャンプ
スポンサーリンク

2020年4月中旬に、熊野古道中辺路を1泊2日で歩いてきました!

熊野古道を歩き終えて、那智山にデポしていた車を回収したのが午後5時過ぎ。2日間歩き続けてへとへとの状態で駐車場にたどり着きました。

疲れ果てたブログ主は、夜間にそのまま長時間車を運転して自宅に帰ることに少し不安に感じたため、どこかテントを張れる場所を探していました!

そこで以前からずっと利用してみたかった本州最南端のキャンプ場「潮岬望楼の芝キャンプ場」へ向かうことにしました!

先にネタバレしておくと、ブログ主が利用した2020年4月15日は新型コロナの影響で「臨時閉鎖」されていました。たまたま公園・キャンプ場を管理されていた方と出会い、ご厚意により、駐車場での車中泊・火器の使用をご許可いただき、朝まで過ごさせていただきました。

ということで今回は「潮岬望楼の芝キャンプ場」の情報をまとめつつ、駐車場での車中泊の様子をご紹介します。

本州最南端「潮岬望楼の芝キャンプ場」とは?

「潮岬望楼の芝キャンプ場」は和歌山県東牟婁郡串本町にあるキャンプ場本州最南端の「潮岬」にあるキャンプ場です!

潮岬の先端に約10万平方メートルの大芝生が広がる公園の一部を”キャンプ場”として開放されています。

「望楼の芝」はその昔、海軍の望楼(物見櫓)があったところで、公園の目の前に緩やかな弧を描く太平洋が広がる公園。

公園内には「本州最南端の碑」があり、隣接する潮岬観光タワーでは「本州最南端訪問証明書」が発行されています!

広大な芝生が広がる公園。目の前にはどこまでも広がる太平洋の大海原!!

キャンプのロケーションとしては最高ですね(*´ω`*)♪

潮岬望楼の芝キャンプ場は、一部有料期間がありますが、それ以外の期間は無料でキャンプ・車中泊ができます!旅人にはたまらないキャンプ場です!

そんな潮岬望楼の芝キャンプ場について詳しくご紹介します!

潮岬望楼の芝キャンプ場

住所:和歌山県東牟婁郡串本町潮岬

営業:通年・年末年始は閉鎖

料金有料期間 800円(小学生以上・1人1泊)

サイト:林間芝生(無料期間)・芝生(有料期間)

チェックIN/OUT:自由

管理者:潮岬望楼の芝管理運営委員会

お問合せ先:串本町役場産業課

TEL:0735-62-0557(平日8:30~17:15)

場所・アクセス

 

マイカーの場合

  • ナビの設定は「潮岬望楼の芝」or「潮岬観光タワー」
  • 串本駅から国道42号→県道41号(潮岬周遊線)

公共交通機関利用場合

  • 最寄り駅はJR「串本駅」→バスに乗り換え
  • くしもと観光周遊バス「まぐトル号」
  • 串本町コミュニティバス「潮岬線」

「潮岬観光タワー」前のバス停

無料期間と有料期間について

潮岬望楼の芝キャンプ場には無料期間有料期間があります!

有料期間は、主にGW・SWや夏休み期間などの大型連休に開放されます。年末年始の閉鎖期間を除き、それ以外は無料で利用できます!

有料期間と無料期間の主な違いは、テントが設営できる範囲が異なる点です!詳しくは後術する”キャンプサイト”の項目で説明します。

有料期間の利用料金は1人1泊800円です。有料とは言え、利用料金は低めに設定されています♪

無料期間の方がお得だ!と思われますが、有料期間は”指定のゴミ袋”がいただけ、ごみの処理料金が含まれます!無料期間はゴミを持ち帰る必要があります。

しかも無料期間よりサイトのロケーションが良いので無料期間だけでなく、有料期間も大人気のキャンプ場です!

無料・有料期間の違い

  • 設営できるエリアが違う
  • 有料期間はゴミを回収してもらえる(指定ゴミ袋)
  • 利用料金は小学生以上1人1泊800円(日帰り・車中泊も有料)

詳しくは、串本町のHPで「潮岬望楼の芝キャンプ場」の項目を御覧ください!ご利用案内がPDFで配布されています。

チェックイン/アウト

無料期間のチェックIN/OUTの時間は特に決まりはなく、基本的に自由な時間に利用できます

有料期間の場合はキャンプ場の受付時間があります。(8:00~18:00)

受付時間外に利用される場合も、翌朝の受付でOK!ということなので有料期間も実質利用時間は自由と考えて問題ないと思います!

また事前予約・受付は共にできないシステムとなっており、設営場所は早いもの勝ちです!

キャンプサイト

出典:Google Map

こちらは潮岬望楼の芝キャンプ場を、Google Mapの航空写真で上空から見た写真です。

先程ご紹介しましたが、有料期間・無料期間でテントの設営範囲が異なります

有料期間は公園内の芝生エリアで広々としたスペースが有りロケーションが抜群!無料期間は公園の一角にある林間エリアとなります。

また有料・無料ともに、車の横付けはできません!キャンプ場専用の駐車場に車を停め、そこから荷物を運ぶ必要があります。

こちらがキャンプ場の駐車場。有料期間は駐車場の出入口に受付があります。

車の横付けはできませんが、有料・無料キャンプサイトのすぐ横に駐車場があるので荷物の運搬はそれほど苦にならないと思います。

有料期間はエリアが広いので場所によっては駐車場から遠くなるかも!

それでは各サイトについてご紹介します!

無料期間のフリーサイト

無料期間のサイトは県道41号線の道路側にあります。林間サイトなのでテントから海は見えませんが、地面は芝生でテーブルなどもあり快適にキャンプが楽しめるサイトだと思います♪

並んでいるテーブル・ベンチを目安にテントを張ると良さそうですね♪

キャンプ場の水道設備もこの無料期間サイトにあり、トイレも道路向かい側にあるので利便性は有料期間サイトより高そうです!

有料期間のフリーサイト

有料期間は公園の広い芝生エリアが開放されます!テントから海も望め、ロケーションが最高!

有料期間以外は”キャンプ禁止”の看板とフィックスロープが張られています!※公園としての利用はできます。

一面芝生でふかふか♪かなり開放感があり気持ちよくキャンプが楽しめそうですね!

”無料”という言葉に目が行きがちですが、ゴミの処理料金も含まれていて、このロケーションなら有料でも全然気になりません!

というかこんな環境でキャンプできるなら、利用料金自体もかなり安く感じます♪

キャンプ場の設備

トイレは公園から道路を挟んで向かい側の公衆トイレを利用します!

男子トイレはこんな感じ。小便器が3つ並び、

洋式便座の個室があります。利用者の多い公衆トイレにしては、とっても清潔!丁寧に管理されておられます♪

無料期間サイト内にある炊事場。

ホース付きのコンロ洗い場もあります。灰の燃えカス入れも!

ゴミ捨て場。有料期間は指定ゴミ袋に入れてこちらで回収していただけます。

無料サイトの道路向かいに自動販売機。

キャンプ場に隣接する「潮岬観光タワー

左奥の建物には売店やレストランがあります。レストランでは近畿大学の「養殖マグロ」のメニューが人気です!!

右の建物は「コーヒーショップあさひ」さん。

ブログ主はこの”コーヒーショップあさひ”さん横の駐車場で車中泊しました。先程のゴミ捨て場でゴミの仕分けをされていたキャンプ場の管理人さんに、普段のキャンプ場の様子や有料期間との違いなどを色々教えていただいていました。

その際に、キャンプ場が閉鎖ということもあり

「どこかで車中泊できる場所ありませんか?」と尋ねると、

コーヒーショップあさひさんのご主人と友人だという管理人さんが、

「ここで車中泊できるように、許可もらってあげるわ~」と言っていただき、

あさひのご主人さんに車中泊の許可をいただきました!

しかも駐車場での火器の使用・風が強ければコーヒーショップのテラス席も使用していいよと重ねてご許可いただきました(*´∀`*)!

管理人さん・コーヒーショップあさひのご主人さん、本当にご親切にしていただきありがとうございましたm(_ _)m

潮岬観光タワーの受付。この日は臨時休業中。

潮岬観光タワー

料金:大人300円/小・中学生100円

営業時間:8:30~16:30(12-2月は16:00まで)

望楼の芝の公園内にある本州最南端の休憩所「潮風の休憩所」

潮風の休憩所は無料で利用することができます!(開館時間9:00~17:00)

その他の注意点

  • 無料期間中のゴミはすべて持ち帰り
  • 直火は禁止!BBQは地面から50cm以上離して使用
  • ペットは可。ただし放し飼いは禁止
  • 花火など騒音の原因となる物は禁止
  • 蚊が多い季節は虫よけ対策をお忘れなく

周辺スポット

ここからはキャンプ場の周辺スポットについてご紹介します!

本州最南端とは言っても、串本駅周辺は買い出し・入浴施設が豊富です!また観光地もあり、キャンプの際に立ち寄りたいスポットがたくさんあります!

ここではブログ主がオススメしたいスポットをご紹介します!

買い出し:Aコープ紀南VASEO

キャンプ場最寄りのスーパーは「Aコープ紀南VASEO」です!キャンプ場から車で約10分!

本州最南端の潮岬に一番近いスーパーということは、本州最南端のスーパーでもあります♪

品揃えは非常に豊富!特に串本近海で上がった”お魚”が豊富に取り揃えられています!ブログ主も天然ブリのお刺身を買いました(*´∀`*)!

お魚だけでなく、お肉や加工食品など一般的なスーパーで手に入るものは、しっかり揃っています!

Aコープ紀南VASEO

場所:和歌山県東牟婁郡串本町串本1551−1

Google Mapへ!

営業時間:9:00~20:00

また、串本駅周辺にはコンビニ・スーパーなどが多数あります!「オークワ串本店」や「エバーグリーン串本店」など。

入浴施設:串本温泉「サンゴの湯」

最寄りの日帰り入浴施設は串本温泉「サンゴの湯」があります!キャンプ場から車で約15分です。

こちらも本州最南端の温泉!!なんか最南端づくしですね!笑

比較的入浴料金が安く、家族で利用するにもオススメです!

串本温泉「サンゴの湯」

場所:和歌山県東牟婁郡串本町サンゴ台1130

Google Mapへ!

営業時間:11:00~21:00(最終受付20:30)

定休日:毎週月曜・12月31・1月1日

TEL:0735-62-2001

料金:大人500円/小学生250円/小学生未満 無料

HP:http://www.kushimoto-furusato-ppc.jp/sangonoyu/index.html

景勝地「橋杭岩」

串本町の海岸沿い(国道42号沿い)にある景勝地「橋杭岩」

橋杭岩は串本から大島方面に向かい、海中に約850mの列をなして40余りの岩柱がそそり立つ景勝地です!

規則的に岩柱が並ぶ姿が”橋の杭”に似ていることから名付けられました!

吉野熊野国立公園地域にあり、国の名勝天然記念物に指定されています!

また道の駅「くしもと橋杭岩」が併設されており、おみやげや食事などで、キャンプの際に立ち寄るスポットとしてオススメ!!

くしもと橋杭岩

場所:和歌山県東牟婁郡串本町くじの川1549-8

Google Mapへ!

駐車場:あり

道の駅営業時間:9:00~18:00(10-3月17:00まで)

TEL:0735-62-5755

定休日:年中無休

ブログ主はキャンプ(車中泊)の翌朝、自宅への帰り道に立ち寄りました!橋杭岩の詳しい情報は別記事にてご紹介しています↓

橋杭岩|和歌山県串本町 奇岩群の景勝地を散策!
2020年4月中旬に、和歌山県串本町の景勝地「橋杭岩(はしぐいいわ)」に立ち寄りました! 前日まで...

キャンプレポ:車中泊

17時頃に那智山を出発し、スーパーで買い出しして18時過ぎに潮岬に到着しました!

ちょうど夕暮れ時で太平洋に沈む夕日が綺麗でした(*´ω`*)

で、到着してみると「キャンプ場臨時閉鎖」の看板が…。しかもこの日からorz

このご時世に出歩いてるブログ主が悪いんだからこれはしょうがない…。この旅が終わったら、活動自粛しなきゃですね。

この日は、新型コロナによる「緊急事態宣言」が7都道府県から全都道府県に拡大される前の記事になります。

一応、キャンプ場が使えないかもと予想していたので、この日は車中泊決定です。

ちょうど、神奈川県から旅しているバイカーさん2人組の方がおられました。お互いに情報交換して、バイカーさんは野営地を探して潮岬を出発されました。

実はこのバイカーさん達は、本宮→新宮→那智へバス移動中に、新宮でバス待ちの間に立ち寄ったコンビニで出会った方々でした。

同じエリアを旅してるから、目的地もカブってちょっぴり顔見知りになってました!笑

どこかの道の駅で車中泊するから、のんびり本州最南端の公園を散策していると、先程ご紹介したキャンプ場の管理人さんと出会いました。

管理人さん・コーヒーショップのご主人のご厚意により、駐車場でガス調理ができることになったので、潮岬で車中泊決定です♪

ということで駐車場での晩ごはん♪

Aコープで「天然ぶりのお刺身」と「タラの芽の天ぷら」を買ってきました!

やっぱり海岸沿いのスーパーなだけあって、お魚が抜群にうまい!!このブリはもちろん串本産です♪

串本って言ったらやっぱり”マグロ”が有名だけど、実はブログ主はマグロ赤身のお刺身がちょっと苦手だったりします…^^; トロは高くて買えへん。

続いてラーメン!車中泊するときってラーメン食べたくなるのなんでだろう?

マルタイの棒ラーメンって異常に美味しい。普通のインスタントラーメンの旨さじゃない!

麺はたっぷり2人前!厚切りチャーシューともやしをたっぷり入れたバケツラーメン!

正直、食べた後の罪悪感がハンパなかった^^;

食後は、熊野古道歩きの疲れもあって、すぐに車で爆睡!就寝はおそらく9時頃で、結局明け方まで一度も起きること無く熟睡していました。

明け方。公園内の展望台から日の出を見る!

展望台と朝焼け♪

展望台でカップルが仲睦まじく日の出を眺めているのを、芝生であぐらをかいたおじさんが眺めていました(ΦωΦ)

もう一度、展望台から日の出。海に朝日の架け橋ができて幻想的な風景♪

なんかムンクの「月光」って絵みたい。月の光だから違うけど。

日が昇って、朝のココア。練乳たっぷりのあまーいココアで眠気を覚ます!

できればキャンプ場を利用したかったけど、予定通りに進まないことが旅の醍醐味!

いつかまたここでキャンプできる日を楽しみにするのもいいですね♪

最南端の石碑。

最南端の展望台から南の景色。太平洋が広がります。

車中泊していると、朝方から釣り人がたくさん来られていました。たぶんブログ主が爆睡していた深夜も夜釣りに来られていたんじゃないかな?

朝の潮岬は風も穏やかで、それほど気温も低くなく気持ちのいい朝でした♪

潮風の休憩所。多分、この日は休憩所も新型コロナで臨時閉鎖されていたっぽい。(ブログ主は開館時間前に出発しました)

それにしても本当に広い公園だなー。有料期間はこの広い公園を埋めるぐらいたくさんのテントが並ぶんだろうな~。

あっちの奥の木が並んでいるところが無料期間サイト。その前が有料期間サイト。

タンカー船がゆったりと進んでいく。

朝にスマホでネットニュースを見てみると、この日(16日)の夜にも「緊急事態宣言」が全国に拡大するという報道がされていたので、朝早くに出発して自宅に帰ることにしました。

ゆっくりキャンプを楽しむことはできなかったけど、夕暮れから日の出の潮岬の美しさや本州最南端に来られたことには大満足でした!

近大マグロのマグロバーガー食べてみたかったな~。また次回利用するときに楽しみはとっておくことにします!

まとめ

ということで今回は「潮岬望楼の芝キャンプ場」のご紹介でした!

本州最南端にありながら無料期間があるキャンプ場で、バイカーさん・旅人に特に人気のキャンプ場。

有料期間にはファミリー・BBQで賑わうキャンプ場で、太平洋が目の前に広がる素晴らしいロケーションと広大な敷地に広がるふかふかの芝生がキャンプには最適!

今回は車中泊になってしまいましたが、ぜひぜひキャンプでも利用したいので、また和歌山県を訪れた際は立ち寄りたいと思います♪特に、今後挑戦しようと考えている「熊野古道 大辺路」を歩く際は立ち寄りたいですね!

ということで今回はキャンプレポならぬ、車中泊レポでした!

タイトルとURLをコピーしました